ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どれくらい持つ? 痛い? 気になるヒアルロン酸注入の基本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 美容医療としてすっかり定着した「ヒアルロン酸注入」。顔のシワをなくしたり、肌の張りを保ったりといった効果は何となく分かるが、一体どういうものなのか知らない人も多いのでは。また、時折、施術ミスなどのニュースを耳にすることもあり、何をどこに打つのか確かに気になる。そこで、世界最大手のヒアルロン酸メーカー「ガルデルマ(Q-MED)」から世界初の「ヒアルロン酸注入の顧問指導医」に認定されている「タカミクリニック」美容皮膚科医の高見洋院長に、ヒアルロン酸注入の基本を教えてもらった。

 * * *

──そもそも注入時に使うヒアルロン酸はどういうものなんですか?

高見:ヒアルロン酸は、人間の体内でもともと作られている物質で、簡単に言えば皮膚の構成成分です。化粧品などに使用される「水分を維持して、肌に潤いを与える」といった目的と異なり、注入剤として使用する医薬品のヒアルロン酸は、「皮膚のボリュームアップ、ボリューム形成」を目的としています。そのため注入したヒアルロン酸が、長期間にわたって皮膚内部でボリュームがキープできるように、体内の酵素分解に抵抗できる構造に加工されています。

──そのヒアルロン酸を注入することで、肌に関する悩みを解消するということですね。

高見:そうですね。法令線などのシワや目の下のくぼみなど、皮膚のボリュームアップをすることで、悩みを瞬時に解消できます。しかも、ヒアルロン酸はもともと体内にある物質のため、アレルギーを起こすリスクもかなり低く、注入剤の中でもとても安全な製剤なので、安心して治療が受けられます。

──ヒアルロン酸注入で、具体的にはどういった効果があるんですか?

高見:人は年齢とともに、顔の皮膚や筋肉が痩せてボリュームが減り、弾力もなくなってきます。結果、シワや影ができたり、骨っぽさが目立ってくることによって、老けた印象に見えるんですよ。それらを総合的に解消できる方法がヒアルロン酸注入という施術なのです。ただ単にシワをなくす、法令線を消すだけでなく、年齢とともに失った皮膚や筋肉のボリュームを補い、ふっくらと厚みのある肌をつくることで、顔全体から若々しい印象が伝えられます。

──患者さんの年齢層はどんな感じですか?

高見:40代の女性が多く、続いて50代、30代といった感じです。

──男性の患者さんは?

高見:経営者の方とかも多いですよ。どうしても年をとると、シワや皮膚が痩せることによって顔が疲れた印象になり不健康な感じになって、人相が悪くなってきやすいんです。そこを若々しく健康的に改善していくことが多いですね。

──注入するヒアルロン酸には、どんな種類があるんですか?

高見:いくつかのメーカーから、様々なものが出ています。注入する部位によっても種類は異なりますし、どういった効果を求めるかでも違ってきます。たとえば、鼻や顎など輪郭形成をする場合や、目元など肌と馴染んだ仕上がりを求める場合、法令線など表情筋の動きと連動する場合…など、それぞれ粒子の大きさや粘度の違う種類を注入します。当院では、その注入方法も様々です。筋肉の中に注入する場合、骨の上に注入する場合、皮下に注入する場合など、とにかく部位や患者さんの状態、求める効果によって、オーダメイドの様々なアプローチをしていきます。

──どれくらいの期間、効果を保てるんですか?

高見:一般的には半年から1年で注入したヒアルロン酸がなくなるなんて言われていますが、そんなことはないですよ。熟練した医師が施術すれば、3年から5年は持ちますね。

──注入時の痛みは?

高見:部分麻酔を使うので、基本的にはほとんど痛みはないです。また、タカミクリニックでは、患者様それぞれの顔立ちやご希望にきめ細かく対応するため、オリジナルの注入針をメーカーさんの協力のもとに開発して使用しています。先が丸い鈍針を使うことも多いので、痛みや内出血のリスクはさらに低いですね。注入直後からメイクをして普段どおりの生活に戻られる方がほとんどです。

──患者さんからは、どういった部位への注入をリクエストされることが多いんですか?

高見:やはり目元と口元が多いですね。どうしても目の下のくぼみや法令線などのシワが目立ちますし、加齢を感じやすい部分ですから。ただ、実際の年齢感というのは、単純にくぼみやシワだけの問題ではないんですよ。もともとの骨格が影響している場合もあるし、人それぞれ皮膚の厚さも違うし、筋肉や脂肪の量も違います。そういった要素をしっかり考慮したうえで施術をしないと、思うような効果が得られません。なので、タカミクリニックでは、患者様のお顔の状態をしっかり把握したうえで、しっかり話し合って、それぞれ個々にあった形でオーダメイドの施術を行っています。

──総合的に悩みを解消していくというイメージですね。

高見:「自然」かつ「健康的」な形での若返りを実現することが重要です。たとえば、モデルさんが急激にダイエットした後、ゲッソリしてしまって不健康で老けた印象になった顔だけをヒアルロン酸注入で健康的な状態に戻すこともありますね。このように急激に戻すと不自然な印象を世間に与えることもありますので、最初からダイエットの計画にあわせて、1年とか半年とかスケジュールを組んで、徐々にヒアルロン酸を注入していく方法がおすすめですが、自然すぎて周りからは全然気づいてもらえなくて、私の仕事としては、それはそれで逆にちょっとさびしいですね(笑い)。

──でも、患者さんにとってはいいことですよ。

高見:そうなんですけど、こちらとしては上手に施術しているってことを知ってもらいたい気もします(笑い)。

──高見院長ならではの悩みですね(笑い)。

高見:とはいっても、僕自身、ヒアルロン酸を注入した部分を自分で触っても何の違和感もない状態にならないと、納得いかないという気持ちも大きいんですよ。「もともとこういう肌だった」と感じられることが何よりも幸せですからね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
シリコン豊胸はバレやすいがヒアルロン酸豊胸はバレにくい
日本では豊胸手術、海外では胸を小さくする手術が主流と医師
ヒアルロン酸注入のエキスパートが語る「バレない仕上がり」

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP