ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都夫毒殺事件容疑者はファンもいる校内で有名な美人だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結婚相談所を介して出会った男性を次々に殺害したとして、日本中を震撼させている京都の資産家毒殺事件。死亡した男性は計6名とされている。この事件で容疑者として浮上しているのが筧千佐子容疑者(67)だ。

 千佐子容疑者は1946年、福岡県北九州市に生まれた。父は製鉄会社勤務、母は専業主婦という一般的な家庭に育ち、県内屈指の名門高校で、故・高倉健さん(享年83)の母校でもある東筑高校に入学する。

 当時の彼女の印象を、同級生だった男性が語る。

「手芸部に所属していましたが、校内でも有名な美人でしたよ。落ち着いた印象で、成績も優秀とあって、ファンの男子生徒も多かったです。本人は大学に進学したかったんですが、家庭の事情で断念して、地元の都市銀行に就職しました」

 数年後、友人と訪れた鹿児島県桜島で最初の夫と出会い、結婚。大阪府貝塚市に引っ越し、2人の子供にも恵まれる。夫はここで従業員10名ほどの小さな印刷会社を興すが、1994年に死亡した。

「“胃がんで亡くなった”って千佐子さんは言っていましたが、本当のところはわからんです。その後、会社は彼女が継いだんですが、経営がうまくいかなくてね…。

 子供2人を育てなきゃいけないし、従業員も食わせていかなきゃいうて、知人から何度も借金を重ねていたけど、結局は倒産してしまった。10年ほど前には自宅も差し押さえられて、それで、出て行ってしまったんよ。旦那さん死んでから、えらい金で苦労しとった人ですわ」(近隣住人)

 この時の経験が、資産のある男性への執着につながったのだろうか。その後、2008年2月から再々婚相手と暮らした大阪府松原市では、近隣からこんな声が聞こえてくる。

「当時の旦那さんは、70才過ぎての初婚やった。彼には先祖代々の広大な田んぼや土地があって、家も持っていて、1人で暮らしていたから、財産はたくさんあってね。そこで、急に千佐子さんと一緒に暮らし始めて、“結婚した”なんて言うんでビックリしたよ。腹上死すんなよって茶化したら、“それもええかもな”って、幸せそうやったね。

 それに、あの人が、彼をよう支えてたんですわ。毎日畑仕事して、稲刈りもやってなぁ…」(近隣住人)

 しかし、そんな幸せな結婚生活はわずか半年で、夫の死によって終わる。千佐子容疑者は、周囲に「心筋梗塞」と伝えていたが、今となっては、正確な死因はわからない。

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在
近畿男性連続不審死事件 容疑者女はED薬が死因と主張してた
京都夫毒殺容疑者 総額8億円相続も株で失敗し預貯金わずか

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP