ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水曜日のカンパネラ、ツアースペシャル3公演全共演者発表&MV「チャイコフスキー」公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今月11月5日にミニアルバム「私を鬼ヶ島に連れてって」をリリースし、全国ツアー中の水曜日のカンパネラが、来年1月に開催するツアースペシャル3公演の出演者を発表した。大阪に夜の本気ダンス、東京に0.8秒と衝撃。、岡山にaaps、オープニングアクトに能勢慶子が今回新たに追加された。

また、同時にミニアルバムに収録されている冬の曲でもある「チャイコフスキー」のミュージックビデオが公開された。今作品は、以前水曜日のカンパネラの自主企画イベント<水曜日の視聴覚室vol.2>の告知映像でプールにダイブする映像作品を制作したおくりバントによって制作された。

チャイコフスキーに恋をするコムアイをテーマに、楽曲の後半では前作のミニアルバム「シネマジャック」に収録された「モスラ」のVoが逆再生されたサウンドに合わせ、映像世界も一気に展開されていく。まるで映画のようなストーリーにお茶目なコムアイとダークなコムアイの二面性が描かれているところも見所のひとつである。

これから続く「平成26年度鬼退治行脚!ツアー」はサイト「きびだんご」にも活動報告というカタチで掲載されていくとのこと。

「チャイコフスキー」MV

ライブ情報
水曜日のカンパネラ初ワンマン「鬼ヶ島の逆襲」
2015年3月29日(日)恵比寿・LIQUIDROOM
時間:OPEN 16:00 / START 17:00
料金:STANDING 2,900円
主催:DISK GARAGE
企画制作:水曜日のカンパネラ
制作:ATFIELD inc.
問合わせ:050-5533-0888
※チケットについて
現在、11月5日発売のミニ・アルバム「私を鬼ヶ島に連れてって」の帯の裏の先行予約にて受付開始。
一般発売は2015年1月31日(土)。

ツアー情報
「平成26年度鬼退治行脚!」
11月29日(土)北海道 Sound lab mole 18:30 / 19:00
前売 2,000円(税込)D別
共演:【LIVE】PARKGOLF / Qrion【DJ】BUDDHAHOUSE / 後藤あゆみ
プレイガイド:ぴあ(Pコード:246-790)

12月7日(日)長野・松本 ALECX 17:30 / 18:00
前売 2,000円(税込)D別
共演:忘れらんねえよ / 夜の本気ダンス / cosmorama / コードポーザー /LOLOSWANS
プレイガイド:ぴあ(Pコード:246-790)

12月15日(月)宮城・仙台 CLUB JUNK BOX 18:30 / 19:00
前売 2,500円(税込)D別
共演:Fragment×DOTAMA / ソンソン弁当 / and more…
プレイガイド:ローソン(Lコード:29581)

12月19日(金)福岡・天神 voodoo lounge 18:30 / 19:00
前売 2,500円(税込)D別
共演:アカシック/ TEMPURA KIDZ

12月20日(土)沖縄 Output 18:30 / 19:00
前売 2,000円(税込)D別
共演:Seiho / 2源色 / OA:あーくまじっく
プレイガイド:ローソン(Lコード:89568)

12月21日(日)沖縄 Output 18:30 / 19:00
前売 2,000円(税込)D別
共演:【LIVE】メカルジン / caino【DJ】亮哉(踊ROCK)、しゅうHATE
プレイガイド:ローソン(Lコード:89568)

<スペシャル>
1月18日(日)大阪・梅田 Shangri-La 17:30 / 18:00
前売 2,500円(税込)D別
共演:Seiho / 夜の本気ダンス

1月21日(水)東京・代官山 UNIT 18:00 / 19:00
前売 2,500円(税込)D別
共演:Charisma.com / 0.8秒と衝撃。

1月25日(日)岡山 PEPPERLAND 17:30 / 18:00
前売 2,500円(税込)D別
共演:クリトリック・リス / aaps (OA)能勢慶子

関連リンク

水曜日のカンパネラ オフィシャルサイトhttp://www.wed-camp.com/
水曜日のカンパネラ Twitterhttps://twitter.com/wed_camp
kibidango「全力で桃太郎をこらしめたい!」http://kibi.co/wed-camp_pr

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP