ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリフエッジ、田澤純一投手出演の新曲MVを動画サイトにて一部公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリフエッジの新曲「シリウス」のMVに、米大リーガー田澤純一投手が初出演したことが発表された。

「シリウス」は、人生に悩み、傷つき、もがきながらも頑張っている人へ向けた「泣ける応援歌」として、半年以上も前より自身のライヴで話題となっている曲だ。今回この「シリウス」のMVへ田澤投手がすることとなった経緯は、クリフエッジと田澤投手との運命的な出会いがあったようだ。

2014年のお正月、クリフエッジの地元横浜で配布されていた情報誌で田澤選手のインタビュー記事をメンバーが偶然にも発見。その田澤選手がよく聞く音楽は「クリフエッジ」と語っていたことから、同郷ということもあり、お互いの交流が始まったようだ。

今回田澤選手のMV出演へのオファーに関して、クリフエッジのリーダーJUNは「俺たちは、いつでも崖っぷち。俺たちが皆に背中を押されるように、世の中の頑張っている人を逆に俺らが応援したいという想いで、この「シリウス」を制作しました。その制作過程で頭の中に浮かんできたのが、日本人として海外の大舞台で活躍する田澤投手。いつでも諦めない、そして人には絶対に弱音を見せない、自分を見失わなかったからこそ大舞台で活躍する田澤さんが、この曲のイメージにピッタリだったんです。もちろんダメ元でのオファーでした」と語る。オファーを受けた田澤投手は「こういった撮影は初めてで慣れていないので、出来るのかという不安もありましたが、クリフエッジに何か協力出来ることがあれば」との想いから出演を決断したようだ。

気になるMVの内容だが、「シリウス」の「頑張っている人たちへ向けた応援歌」にちなみ、田澤選手がジレンマに葛藤していた頃を思い出しながら、普段から練習を重ねているエネオス野球場を舞台に演技している。ジムでのトレーニングシーンなども見所だ。

新曲「シリウス」は、J-POP新レーベルCROWN VenuS移籍第一弾作品として1月14日にリリースされるニューアルバム『クリフロード』に収録される。レコチョクでは12月10日(水)から着うた®、着うたフル®、シングルが独占先行配信されるとのことで、こちらも待ちきれない。

本日より「シリウス」MVのショートバージョンが解禁。また、アルバム『クリフロード』のスペシャルダイジェスト映像も同時に公開されている。豪華共演によるMVと併せて、いち早くチェックしてみてはいかがだろうか?

【コメント】
■田澤純一投手
「僕は大リーグで、『ハイチュウ』を選手の皆に流行らせたので(笑)、今度はこのクリフエッジの「シリウス」が自分をきっかけに大リーグの選手の間で広がっていったらいいなと思っています」

■JUN
「やっぱりより多くの人に届けたいですね。『よし!もう1回頑張ろう』と気持ちが奮い立ってくれたらうれしい。入場曲とかにどうですか?(笑)」

「シリウス」MV ショートver.
http://youtu.be/sW046WhQhho

アルバム『クリフロード』スペシャルダイジェスト映像
http://youtu.be/3MuwAF3pauk

アルバム『クリフロード』
2015年1月14日発売
【Type-A】(CD+DVD)
CRCP-40391/¥3,000+税
【Type-B】(CDのみ)
CRCP-40392/¥2,500+税
<収録曲> ※共通
01. シリウス 
02. 泥だらけの LOVE SONG feat. LGYankees 
03. クリフロード ~interlude~
04. 雨のち花  
05. 面影 feat. Noa  
06. Kiss and Cry ~もうひとつの物語~ feat. Tiara
07. 永遠のセレナーデ   
08. 僕はアクセル 君はハンドル  
09. スーパーヒーロー
※一般社団法人ニューワールドアワーズ・スポーツ救命協会」テーマソング
10. パリピ☆ 
11. 栄光のランナー feat. 松本英子 
※bay fm 特番「SUPER MUSIC TURF SPECIAL」テーマソング  
12. 汽笛 feat. KUNI  
13. MA・TA・NE
<DVD>
1. 「シリウス」MV
2. 「スーパーヒーロー」MV
・参加アーティスト:LGYankees, Noa, Tiara, 松本英子, KUNI

◎12月10日(水)〜レコチョクにて「シリウス」着うた®, 着うたフル®, シングル、独占先行配信スタート!!

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
クリフエッジ オフィシャルHP
がんばれ!Victory、メジャーデビューできるかが判明する運命のニコ生特番放送決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP