ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西島秀俊を『あすなろ白書』時代から見守ってた女性の悔しさ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優・西島秀俊(43才)の「小雪似」だという27歳一般女性との結婚発表は、多くの女性に悲鳴をあげさせる結果となった。ほかにも向井理(32才)が国仲涼子(35才)との結婚を発表するなど、相次ぐ事態に、女性たちは「言わずにおけるか!」といったところだろう。

 イケメン評論家の沖直実さんは、西島を「戻り鮭イケメン」と評する。20代のときにイケメンとして活躍していたが、一時期表舞台ではあまり見られなくなり、その後演技力や渋みを身につけて第一線に戻ってきた人を指す。鮭が大きくなって戻ってきた矢先の出来事だっただけに、驚きを隠せない様子だ。

「西島さんって最後の砦で、私の周りも結婚相手が若い女性だったことで大ショックを受けています。女性に見向きもせず、仕事に厳しく、どんどん自分を追いつめるストイックな役者だと思っていたのに、結局は20代の若くてきれいな女性に目が向いた。『なんだ、普通の男と一緒だったんだ』とがっかり。煩悩を見せないでほしかった」(沖さん)

 西島を1993年の『あすなろ白書』(フジテレビ系)から見守っている沖さんにとっては「その時代に小学校に入学するかしないかくらいだった小娘に西島さんの何がわかるの!」と悔しさを隠せない。

「以前、広瀬香美(48才)と結婚していた大沢たかお(46才)は、周囲が『才能で選んだ』といって株が上がった。あるいは、反町隆史(40才)と松嶋菜々子(41才)のような大物カップルだったらあきらめもつく。その点、向井さんのケースはまだいい。西島さんの場合は相手が一般女性だっただけに、『頑張れば私もいけたかも』という思いを捨てきれない」(沖さん)

 長らく恋愛報道がなく、そのストイックさから「ゲイではないか」とも噂されたが、

「こんな思いをするなら、むしろ最初から女性に興味がないほうがよかった」と沖さん。恨み節は尽きることがない。

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西島秀俊 ドラマでブレイクもアイドル扱い不満で5年TV出ず
イケメン患者をベッタリ看て若い看護師追い払うR40看護師
西島秀俊が緊急検査 普段はジム通い高級プロテイン飲むも…

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP