ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラグビーのルールを夫に説明された妻 「後ろ向きな感じが嫌」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは楽器メーカー勤務のご主人(50歳)。奥様(48歳)は中学時代からバスケット、ご主人は高校からラグビーを始めました。

 * * *
 女房にラグビーの良さをわかってもらいたいのですが、聞く耳持たずです。「競技人口知ってる? バスケは4億5000万人で世界一。ラグビーなんてたったの550万人じゃない」

 ルールを説明しても、反論がボディブローのように効きます。「ボールを前に投げちゃいけない『スローフォワード』と、ボールを前に落としちゃいけない『ノックオン』というルールがあるんだ」「その『前に落としちゃダメ・投げちゃダメ』って後ろ向きな感じがアナタの性格通りで嫌なの」

 グッとこらえ、今度はラグビーの精神についての説明です。

「どんなに激しく戦っても、試合が終われば『ノーサイド』。敵も味方もなくなるんだ」
「アナタって私がお義母さんと揉めると、よく『もう今までのことは水に流そう』って仲裁に入るけど、それもラグビー精神? でも、嫁姑の間で『ノーサイド』なんてあり得ないからね」。

 女房とのバトルも一生続きそうです。

※週刊ポスト2014年12月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
森元首相 ラグビー未経験政治家の「ノーサイド」発言に異議
92年ぶり五輪復活のラグビー IOCへのロビー活動は一切なし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。