ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松岡修造 妻に対しては「好きな子をいじめる小学生」になる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 錦織圭(24才)の大活躍により、恩師の松岡修造(47才)も大ブレーク中だ。今年上半期の『タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)の男性部門では計10社で1位となり、9月に発売になった日めくりカレンダー『まいにち、修造!』も爆発的ヒット中。そんな彼は、子育てについても全力投球だ。

 もっとも多いときで年間13回行ったことがあるほどディズニーランドが大好きな修造。スリル系のアトラクションの前でおじけづく子供たちに、「できない、無理、はやってみなきゃわからない」と説得し、全部挑戦させた。

 子供がいけないことをしたときは徹底的に問いかける。「なぜ? どうして? を子供にぶつけて答えを引き出したいから」と修造は公言しているが、それは就寝前、1時間以上かかることもあるという。

 そんな修造と妻の惠美子さんは正反対のタイプで、彼女は早く正解を出して物事をどんどん進めて行く。例えば、休日どこに行くのかについて、惠美子さんが子供と話し合って、「動物園」と決めたとする。しかし修造は「本当に動物園でいいの? 遊園地でなくていいの?」と問い詰める。

 これが発端で夫婦げんかになることは日常茶飯事。嫌みな言葉のラリーが延々と続き、長女から「どっちも悪くない」と言われて、ようやく打ち止めになるといったことの繰り返しだという。

「修造さんは亭主関白なんですが、それは惠美子さんに甘えてるから。もういっつも惠美子さんに嫌みを言ってます。“その服似合わないよ”とか、ホームパーティーでも“まずい”とは言わないんですが、“こうしたほうがもっといい”と言った後に、“まあ、おいしいよ”って言うんですよ。以前は惠美子さんも言い返していましたが、最近は完全に受け流していますね(苦笑)。

 一度、修造さんに“ストレス発散をどうしてるか”って聞いたら、“この人”って惠美子さんを指したことがあったんです。その場にいるみんな、呆れかえっちゃいましたよ。惠美子さんは“はいはい”って笑ってましたけどね。修造さんは彼女の前では、好きな子をいじめる小学生なんですよ」(芸能関係者)

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松岡修造 気合と努力で長男と長女の出産予定日の移動に成功
難読漢字「度」を3文字で何と読む? 宮崎美子からの挑戦状
話題のあびる優美人母 山P母や矢沢永吉妻と食事することも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP