ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中高年層向けの英会話学校 無理なく続けられるポイント解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近では「英語をやり直したい」という中高年層をターゲットにしたコースを設ける英会話学校も少なくない。

 ビジネスマン向けの講義に定評があるベルリッツ・ジャパンでも「大人の英会話」コースがある。平日の昼間に4人のグループレッスンを行なうクラスで、レベルに応じてトラベル英会話や日常会話を学ぶ。生徒の多くが主婦やシニア層で初歩から無理なく学びやすい。レッスンのポイントを同社経営企画部の川上学氏に聞いた。

「アルファベットから、旅先で困らない程度の旅行会話まで4段階のステップを踏んで学習していきます。英会話学校では過去形なら過去形だけを盛り込んだテキストを使って学習するところもありますが、テキストは現在・過去・未来すべて盛り込み、シチュエーションを重視しています。勉強しているという意識を取り除き、できるだけ英語を使う場面を楽しく想像してもらいやすいと思います」

 多くの英会話学校がそうであるように、レッスン中は初級クラスといえど一切日本語は禁止、「質問も英語で」が原則だ。ただしレッスン終了後には日本人の専門スタッフが、疑問や学習の悩みの相談に乗ってフォローしてくれる。川上氏が英会話学校を賢く活用する方法を語る。

「“俺はもっと旅行英語に強くなりたい”とか“ボランティアで外国人旅行者のガイドをしたい”とか、目標や夢を達成するためのワガママを講師やスタッフにいうことです。そのためのノウハウが英会話学校には蓄積されています。

 たいていの語学学校は無料体験レッスンを設けています。30分ほど外国人講師と会話していただき、レベルチェックや英語をなぜ学びたいかを伺います。遠慮なく各学校の無料体験レッスンに足を運び、楽しく続けられそうだという学校を見つけてください」

※週刊ポスト2014年12月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
美人プロのゴルフレッスン 憧れのホールインワンのコツも?
「100円英会話レッスン」 20代フィリピン人女性講師が画面に
中高年の英会話習得 NHKラジオ英会話の「音まね」すればOK

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP