ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モー娘。道重卒コン 頼もしい新リーダー、感動のアドリブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モーニング娘。’14の8代目リーダー・道重さゆみが11月26日、横浜アリーナで行われた『モーニング娘。’14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE ~道重さゆみ卒業記念スペシャル~』の最終公演で、グループを卒業した。

 道重のイメージカラーであるピンクのペンライトで染められた会場は、歴代最長となる在籍日数4329日を締めくくるのにふさわしい晴れの舞台となったが、コンサート中盤にまさかのハプニングが起きる。

 それは最終公演用に組まれたスペシャルメドレーを披露している時のこと。道重が足をつってしまい、思うように踊れなくなってしまったのだ。現在のモーニング娘。の持ち味といえば、10人のメンバー全員がめまぐるしく動きながら、グループ全体で表現する「フォーメーションダンス」。つまり、道重が動けなくなるということは、全体のダンスが崩れてしまうかもしれないという緊急事態なのだ。

 メドレー中盤ではメインステージから花道を歩いてセンターステージへと移動するのだが、そこでも道重は動けなかった。メインステージに1人立ったまま歌う道重が、客席中央のセンターステージでパフォーマンスする9人の後輩を見守るような形となった。

 そして、道重と次期リーダーである譜久村聖(ふくむら・みずき)の2人のメイン曲である『好きだな君が』が流れようとした時、譜久村はセンターステージから道重が待つメインステージへダッシュした。現場を目撃していた音楽関係者はこう話す。

「おそらく本来なら、センターステージで道重さんと譜久村さんが『好きだな君が』を歌う演出だったと思います。でも、道重さんがメインステージから動けなくなってしまった。譜久村さんは、その場のアドリブで、メインステージまでダッシュしたのでしょう」

 この譜久村の“ダッシュ”に心を突き動かされたファンも多く、ネット上では、

「卒コンの譜久村ダッシュは2億倍すきになった瞬間だった。頼もしいよリーダー」
「伝説のフクムラダッシュ思い出すと仕事頑張ろうって思える」
「フクムラダッシュの動画で何度でもくらい泣けるwww ふくちゃんがダッシュしてるときのさゆの笑顔と、残りのメンバーのフォローっぷり」

 といったように、感動の“フクムラダッシュ”として大きな話題となっている。

「道重さんは卒業を決心した理由の1つとして『後輩が頼もしくなった』ということを挙げていました。でも、世間的な知名度も含めて、道重さんがモーニング娘。の象徴のような存在だったため、“後輩ばかりになって大丈夫か?”という声が多かったのも事実。そんななか、道重さんが足をつるというまさかハプニングに、完璧なアドリブで対応した後輩たちを見て、誰もが“頼もしい”と感じたはずです」(前出・音楽関係者)

 実際、ネット上のファンからも、

「足つって悔しそうだったけど、表情と手の動きのみで大きく見せてたのはさすがだと思ったし、後輩達も咄嗟に9人のフォーメーションに変えてて鳥肌がたった。さゆちゃんも後輩の頼もしい姿見れて安心したと思う」
「足が痛くなって、さゆにとっては思うようにパフォーマンスができず悔しかったと思うけど、結果として頼もしい後輩たちの姿を見ることができて、卒コンとしてはすごくいい形になったんじゃないかな」

 など、新リーダー・譜久村を筆頭に、9人の頼もしい後輩たちに感動したとの声が多数寄せられている。

 道重のリーダー就任以降、“再ブレイク”と評されることが多かったモーニング娘。’14。道重が卒業した後も、この頼もしいメンバーたちがいれば、その勢いは衰えることなく、ブレイクし続けることとなりそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
紗栄子「家で笑っていられなくなる」と芸能活動復帰を宣言
震災後の供給不足で個室ビデオ店から予備の箱ティッシュ消滅
フジ西山喜久恵アナ 酒席で仕事の話一切せず後輩から大好評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP