体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石水久美 コンシューマ営業本部 KDDIプリシード au SHINJUKU運営室

新宿駅から徒歩1分。最大規模の直営店をオープン

石水久美 コンシューマ営業本部 KDDIプリシード au SHINJUKU運営室

au SHINJUKUの1階フロア

石水久美 コンシューマ営業本部 KDDIプリシード au SHINJUKU運営室

2階フロア

11月21日、東京・JR新宿駅東口から徒歩1分のロケーションに、KDDI直営店「au SHINJUKU」がオープンした。直営店最大の売り場面積はau NAGOYAの約2倍の約1,000㎡の広さ。auの新機種やアクセサリーの展示・販売、各種サービス、サポート、最新情報の発信、新たなライフスタイルの提案といった幅広い役割を担う旗艦店だ。

ガラス張りの明るい店内の1階は、「au +1 Collection」など、季節や時流に合わせて提案される豊富な種類のアクセサリーを展示販売。誰でも気軽に立ち寄れる、楽しい空間になっている。2階では、実際に端末を利用しているシーンが想起できるように端末のラインナップが展示されており、auの新機種や最新サービスを体感できる。また、ゆったりとくつろげるラウンジスペースが設けられ、商品購入に関する相談、契約、アフターケアに対応する。そして3階はセミナーフロア。「スマートフォン教室」や各種セミナーが開催される。

「まだオープンしたばかりで、この先何が起こるか分かりませんが、スタッフ全員で前向きに取り組んでいけば、何であろうときっと解決できると信じています」

そう話すのは、au SHINJUKU運営室室長の石水久美さん。2010年から4年にわたり、東京・原宿のKDDI DESIGNING STUDIO(以下、Kスタ)(11月16日に閉館)の館長を務めていた石水さんに、au SHINJUKU運営室への異動の発令があったのは今年7月1日のことだった。以来、館長を兼務しながら本格化したau SHINJUKUの開店準備に携わり、この約半年、目が回るような日々を過ごしてきた。

UQコミュニケーションのゼロからの立ち上げに参加

石水久美 コンシューマ営業本部 KDDIプリシード au SHINJUKU運営室

石水さんが組織の立ち上げに関わるのは今回が初めてではない。まだサービス開始前のUQコミュニケーションズに出向し、2年間を過ごしているのだ。

「UQコミュニケーションズの立ち上げにゼロから携わった際には、教科書もなく、教えてくれる人もいない中、必要なことをみんな自ら考えて、協力しながら仕事をしたことで、とてもいい経験ができました。大きな会社では業務範囲がかっちり決まっていますが、立ち上げでは、ある程度は業務範囲が決まっているにしても、担当外の業務もしなければいけません。『経験が無いからできません』と言える環境は、実はとっても恵まれているんですよ(笑)」と、石水さんはその当時を振り返る。

現在、石水さんが率いるスタッフは、総勢70名。Kスタから倍増したスタッフを、石水さんは店長として牽引し、直営店に対してお客さまが抱くイメージに応えられるように努めている。例えば、発表会の翌日には新モデルが展示されるため、それを見に来るお客さまも多く、スタッフは最新の機種やサービスについて、いち早く把握して正確に説明することが求められる。

「Kスタからのメンバーはもちろん、新たに加わったスタッフも、自分たちがKDDIの顔であるという意識を強くもって働いてくれており、auの商品に限らず、他社の商品知識も含め、すごく自学自習しています。直営店に対するお客さまの期待に応えようとスタッフ自身が意識するためでしょうし、お客さまに育てていただいている部分も多々あると思います」

石水さんのスタッフに対する期待は高く、今回の新店舗の立ち上げに伴うさまざまなハードルも、得難い経験として彼らの今後の糧になってくれることを願っている。

「これからも、スタッフ全員で常に新しいことにチャレンジしていきたいですね。そのときも、苦しい顔ではなく、笑顔でやっていければ、みんなが幸せな、働きがいのある職場になるのではないでしょうか。みんなで明るく、お客さまにとってナンバーワンのお店になろうという気持ちで仕事に従事すれば、一番のお店になれると信じています」

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。