体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高校生による和菓子を出力する3Dフードプリンタなど、DIYの祭典「Maker Faire Tokyo 2014」をレポート

Maker Faire Tokyo 2014

高校生が3Dプリンタを改造してつくった、世界初?の和菓子を出力する3Dフードプリンタ

家族で楽しめるDIYの祭典、「Maker Faire Tokyo 2014」が11月23、24日の2日間、前回の日本科学未来館から規模を拡大して会場を東京ビッグサイトに移して開催された。
テクノロジー系DIY工作専門雑誌「Make」が行うイベントで、テクノロジーを自由でユニークな発想で使いこなす「Maker」たち約300が組集い、展示とデモンストレーションを行った。

今回は従来より人気の3Dプリンタ、レーザーカッターなどを使った作品もちろんの事、「Oculus Rift」やクアッドコプターを応用した作品が目立っていた。

東京工業大学附属科学技術高校の学生による、3Dフードプリンタの展示・実演では、伝統の和菓子「練りきり」を出力し、デモンストレーションを行っていた。

常に順番待ちの行列が出来ていた3Dヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使った、メーヴェ風フライトシュミレータは、風を感じる臨場感と没入感がすごいと体感した人々を満足させていた。

屋外展示場ではスノーボーダーを自動追跡して撮影するためのドローンを開発したSoraCamプロジェクトが実際にビーコンを持つ人をドローンが追いかけるというデモンストレーションなども行われていた。

Maker Faire Tokyo 2014

RepRap系の3Dプリンタのエクストルーダをシリンジに改造して白餡を詰め、積層の高さや移動速度、ヒータの設定温度などの変更を行い和菓子を出力。こちらが完成品。

Maker Faire Tokyo 2014

風の谷のナウシカでおなじみの飛行機「メーヴェ」のフライトシュミレータ。実際に機体を傾けて操縦。扇風機とも連動して風を感じつつ3DCGの中をまるでホントに飛んでいるかのような体験が出来る。

Maker Faire Tokyo 2014

スノーボーダー向け自動追尾空撮ドローン「SoraCam」
システムはモーター間距離約 350mm のクワッドコプターと追尾対象のビーコンからな り,ArduCopter を改造したソフトによりドローンは制御されます。空撮用カメラとして GoPro を用いビーコンを装備した対象へカメラを向けます。

Maker Faire Tokyo 2014

屋外展示場でのSoraCamデモンストレーションの模様。安全のためクワッドコプターに紐を付けてのデモ飛行。ビーコンをもったスタッフを追尾し続けていた。

Maker Faire Tokyo 2014
1 2 3次のページ
YATTAR JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。