ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

みんなちがって、みんないい。個性を大切にするフィンランドの教育事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

jay j wilkie via Compfight cc

こんにちは! ライターの渡部です。

ここ数年以上、「個性の尊重」は色々な場面で重要視されています。しかし、ついつい周りに流されたり、他人と自分を比べてしまったり、自分と違う価値観を持つ人と一線を画してしまったりする人は少なくないのではないでしょうか。ことばでは簡単に言えるけれど、実際に「個性の尊重」をカタチにするのは、なかなか難しいことのように思います。

そんな中、子供たち一人一人の個性を大切にしながら、さらに深みのあるものにしていく教育に力を入れることで、社会全体を豊かにしている国があります。高い学力を持つ子どもたちが、フィンランドです。

フィンランドの教育

みなさんはフィンランドと聞くとどのようなイメージが浮かびますか?

ムーミン。


Oioimolloy via Compfight cc

大自然。


写真:Asami K「Finland2009」より

デザイン大国。


写真:yumiyumi「☆゚:*:・。,フィンランドの窓辺 3日目 ,。・:*: ‘☆」より

そして、世界最高峰の教育水準。

英才教育、スパルタ教育が行われているのかと思いきや…驚いたことに、この国では子供たちが四六時中机にはりついてガリガリ勉強している光景は見られません。むしろ授業時間も短ければ、学習塾もほとんどありません。


写真:Mika Watabe「フィンランド」

では一体、フィンランドの教育にはどのような秘密が隠されているのでしょう?

フィンランド教育の秘密「芸術エスカリ」

フィンランドの教育における大切なキーワードは「個性」。いかに子どもたち一人一人が持つ個を性引き出し、伸ばしていくかという点に重きを置いています。そのために教育現場は「自由に表現できる」「表現したものを認めあう」場となっています。特に、私たち日本人にはなじみがなく、新鮮なのが「就学前教育(エスカリ)」と呼ばれる教育システムです。

フィンランドでは、7歳から基礎教育(小学校教育)が始まりますが、その前準備として6歳の間一年間「就学前教育」が行われています。
義務教育ではありませんが、無料で施されているため、ほとんどの子供たちがこの教育を受けています。

私は大学二年の夏、実際にフィンランドにあるいくつかの教育施設を訪れました。その中でも、一番印象的だったのがこの就学前教育の一つとして利用されている「ヘンネリ遊びの活動センター」での光景です。美術と演劇と音楽。私が見たのは、この3つをふんだんに取り入れた「芸術エスカリ」というとても興味深い活動でした。

活動のテーマは「大航海」。ストーリー仕立ての構成の中、遊びが展開していきます。


写真:Hiroharu Zoshiki「色で見る大自然」より

大海原へ旅に出た子どもたちは、まず波の音に合わせて体を動かします。手を波打たせる子がほとんどかと思いきや、それぞれが自由な発想で生まれた「波」を体全体を使って表現していきます。途中から、ある子が友達を誘い、二人で大きな波を表現し始め、それが連鎖して大きな波になっていく場面も見られたり。決まりにとらわれず、発想力豊かな活動に心を奪われました。

次に絵具と筆を使って、壁に向かって思い思いの波を表現していきます。

1148073_429977667120332_1980749586_n
写真:Mika Watabe「フィンランド」より

水色の絵具を使う子、青色の絵具を使う子、紺色の絵の具を使う子。まず選ぶ色に個性が見られます。そしてぐちゃっと塗りつぶす子。波線を描く子。縦に線を引く子。点をちりばめる子。自分の意思で方法を決めて、思い思いの感性でのびのび波を描いていく子供たち。そして一人一人の表現活動を真摯に受け止め、ほめている先生。

そこはまさに十人十色が体現された空間でした。


写真:Mika Watabe「フィンランド」より

芸術活動のいいところは、決まった形がないところです。だからこそ子供たちが安心して自分たちの創造力や発想力思う存分発揮できる。そしてその個性を、認めほめる姿を大人である教師が見せることで、子供同士も互いの個性を認め、受け止めあえるようになっていくんです。違うことは社会を豊かにします」。

先生はこのように仰っていました。まさに一人一人が主役の教育。実際に足を踏み入れ、肌で感じた「個性の豊かさ」。違って当たり前なんだ。みんな違うから世界は面白いんだ。これから先の人生で大切にしていきたい価値観に出会うことができました。

さいごに


Hiroaki Takeuchi「初めての一人旅 北欧スウェーデン〜フィンランド」より

いかがでしたか?

のどかな景色。国民を手厚くサポートしてくれるしっかりとした国のシステム。個性豊かな人々。フィンランドの魅力は計り知れません。寒いけれど、温かい。すべてを包み込んでくれるあったかくて優しい、おっかさんのような国。

ぜひ一度訪れてみてください。

(ライター:渡部美佳)

*Hiroaki Takeuchi「初めての一人旅 北欧スウェーデン〜フィンランド」
*Asami K「Finland2009」
*yumiyumi「☆゚:*:・。,フィンランドの窓辺 3日目 ,。・:*: ‘☆」より

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP