ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ただでさえ面白い『ベイマックス』にこんな短編も付くなんて最高じゃないか! 同時上映『愛犬とごちそう』の特別映像解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12月20日(土)より日本公開となるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『ベイマックス』。すでに鑑賞済みの編集部メンバーの間でも、「ディズニーやべぇよ!」「『アナ雪』超えたかも……」などと話題が尽きない本作ですが、本日、同時上映される短編アニメ『愛犬とごちそう』の特別映像が解禁されました。

『愛犬とごちそう』は、ひとりの男性が飼う愛犬であり親友でもあるウィンストンの視点から描かれた物語。共に分かち合う料理の一口一口を通して明かされる愛をテーマとした作品です。ご主人様と一緒に食べるジャンク・フードが大好きなウィンストンは毎日楽しい日々を送っています。しかし、ご主人様が恋に落ちてからというもの、楽しかった食事の時間は一変してしまい……。

公開された映像では、ご主人様の近くで幸せそうな表情を浮かべてジャンク・フードを頬張る、なんとも愛らしいウィンストンの食事シーンがお披露目。そのキュートな姿には思わず頬がゆるみます。そして後半では、ご主人様の異変を察知したウィンストンが凛々しい表情で街へ駆け出すシーンも。この後にはどんな展開が待っているのでしょうか?。

ディズニーでは今回、クリエーターから経理まで、部門も職種も問わず全社員に対して短編アニメーションのアイデアを募集したとのこと。その結果、最終的にメガホンをとることになったのは、今作が監督デビューのパトリック・オズボーン。『ボルト』『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』などの長編アニメーションや、短編『紙ひこうき』にもアニメーターとして関わった後、『ベイマックス』でもアニメーション・チーフを務めるスゴ腕の持ち主です。

自身も愛犬家で3匹の犬と育った彼は、「最近(のディズニー・アニメーション映画)は人間が主人公の作品が続いていたから、スタッフの半数近くが四足歩行の動物をアニメートしたことがなかったんだ。特に足の動きが非常に複雑だから、ビデオに撮り、何度も何度も再生を繰り返して研究したよ」と強いこだわりを語っています。

前回のアカデミー賞では『シュガー・ラッシュ』と同時上映された『紙ひこうき』が短編アニメーション賞を受賞していることについては、「僕はたくさんの人々に楽しんで観てもらえれば十分満足だよ。それが、何よりの“ご褒美”だから」とあくまでも謙虚な姿勢。「もし一生短編だけ撮って暮らしていけるなら迷わずその道を選ぶね(笑)」とすっかり短編アニメーションの製作にハマってしまった模様です。

ディズニー短編アニメ『愛犬とごちそう』特別映像(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=TZQ1vk5Sf6I

『ベイマックス』公式サイト:
http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/baymax/

(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP