体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋愛運を上げたいときに片づけるべき場所とは?

恋愛運を上げたいときに片づけるべき場所とは?

 「めんどうくさい」と思って、ついつい部屋の片づけを怠ると、いつの間にか散らかってしまっていた。そんな経験はないでしょうか。

 片づけられない、片づけてもなかなか片づかない。どうしてそうなってしまうのか。
 誕生日占いなどで知られるはづき虹映さんは著書『すごい片づけ』(河出書房新社/刊)の中で、その理由を解き明かし、自分の才能に気づくことができる「片づけ」の本質を説明してくれます。

 本書を読めば「片づけ」に対する考え方が変わるかも? そんな一冊について、はづきさんご自身にお話をうかがってきました。今回は前編をお伝えします。
(新刊JP編集部)

■恋愛運を上げたいときに片づけるべき場所とは?

――はづきさんは「カバラ数秘術」をベースにすでに60冊を超える本を執筆されてきましたが、今回は片づけというテーマで少し意外性を感じました。本書を執筆した経緯をお聞かせ願えないでしょうか。

はづき虹映さん(以下敬称略):もともとは去年の11月に出した『2週間でお金の悩みがゼロになる魔法のレッスン』(かんき出版刊)という本がきっかけです。
その中で、お金の豊かさを受け取るためには部屋を片づけないといけない、床の空白率が豊かさを受け入れる器になるということを書いたのですが、それを読んだこの本の担当編集者さんから「片づけに絞って語ってほしい」というご提案をいただきました。僕としては、自分は片づけの専門家ではないからそのテーマで本にするのは難しいかなと思っていたのですが、話をする中で、「片づけとは何か?」という本質の部分から読み解いていくことはできるなと思ったのです。

――では、企画が立ち上がって1年くらいかけて作られた本なんですね。

はづき:そういうことになりますね。僕の中では、かなり時間をかけて作った本の一つです。

――本書では、家の中の部屋や場所をそれぞれ「1」から「9」の数字に当てはめていきます。斬新であり、はづきさんらしい発想だと思いました。

はづき:家に帰ってきて最初に玄関があり、廊下を伝って、リビングに行って…といった具合に、エネルギーの流れはある意味ちゃんとパターン化されています。家の中にそういう流れがあるのは前から感じていたのですが、そこに数字を当てはめるという切り口を思いついたのは、この本を書きはじめるときです。
担当編集さんと話をする中で、片づけの本質は物理的に物を捨てたり、整理することではないなということが分かってきました。なぜなら、部屋の片づけは第三者にやって入ってもらえば必ず片づくはずなんです。それを大前提とした上で、それでも片づかないのはなぜかということを考えたときに、心のどこかに「片づけたくない」という想いがあるからなのだと思いつきました。
「片づける」という言葉の語源を考えたとき、「カタをつける」、つまり「決着する」というところから来ているのだと思ったのです。では何に決着つけるのかというと、それはモノそのものではなく、モノに宿っている気持ちの方なんですよね。
そして、どの場所が片づかないかによって、心のどの部分が片づいていないのかを当てはめられるのではないかと考えた上で、エネルギーの流れが数字の流れにリンクするという数秘術の考え方を当てはめたのです。

――玄関が「1」、廊下・階段が「2」、そして子ども部屋・プレイルームが「3」と続いていって、なるほどと思いました。

はづき:この場合の子ども部屋というのは、プレイルーム的なものを想像していただくといいと思います。日本ではリビングがそれを兼ねているときもあって厳密にこの部屋ということを示すことはできないのですが、性質的にはそういう部屋だと思ってください。

――最後の数字である「9」が寝室というのも頷けます。ただ、例えば「7」の書斎などはない家も多いと思います。極端な設定だとワンルームの場合、どのように考えればいいのでしょうか。

はづき:ワンルームならばその空間の使い方を意識するといいと思います。例えば部屋の中でひとりでくつろぐスペースはありますよね。そこは7番の書斎的な要素になります。「7」は「大人」を意味しますので、片づいていなくても、自分なりにくつろげる環境作りができていればいいということになります。また、寝る場所は9番の寝室の要素になります。ここはちゃんと片づけておいたほうがいいでしょう。ゴミに囲まれた場所ではちゃんと眠ることはできません。
このように、ワンルームには全ての数字の要素が入っているので、使い方でメリハリをつけることが大事なのではないかと思いますね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。