ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Eye FiクラウドがEye Fi Mobiカードを持ってなくても利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Wi-Fi 内蔵カード「Eye Fi」提供元が月額課金で容量無制限のクラウドサービス「Eye Fi クラウド」を Eye Fi Mobi カードの有無を問わず全ての Android ユーザーに開放しました。Eye Fi クラウドはサービス開始時点から Eye Fi Mobi カードを所有している人しか利用できませんでしたが、その制限が無くなり、Eye Fi カードを所有していない方でもユーザーアカウントを作成し、利用できるようになりました。Eye Fi クラウドは年間 5,000 円のメンバーシップに加入すると容量無制限で写真と動画を保存できるクラウドサービス。Eye Fi Mobi カードで撮影した写真や動画はもちろん、Android スマートフォン・タブレットで撮影したものも同じ場所に保存できます。また、アプリの同期機能を利用すればアプリをインストールしている全ての端末で閲覧・管理・共有できます。Eye Fi Mobi を持っていない方がユーザー登録するには、Google Play ストアで「Eye Fi Mobi」アプリヲダウンロードし、「Mobiカードを使う」→「アプリを試す」→「Eyefi クラウドを使う」→「新規登録」の順にたどって名前、メールアドレス、パスワードを登録します。Eye Fi クラウドは、ユーザー登録後 30 日間は無料で利用できます(Eye Fi Mobi カード 8GB / 16GB / 32GB をお持ちの方は 90 日間)。ちなみに、Eye Fi クラウドは iOS 版と WEB アプリ版も提供されています。「Eye Fi Mobi」(Google Play ストア)Source : Eye Fi Japan


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0で新たなバグ? バックグラウンドアプリがリスタートする問題と「同期をキャンセル」しか表示されない問題が報告される
米Amazon、Fire Phone 32GBモデル(SIMロックフリー)を$199に大幅値下げ
Delayed Lock : Android 5.0のSmartLockを再現できるアプリ、時間帯やWi-Fi・Bluetooth接続、位置情報などでロック画面認証の自動ON / OFFが可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP