体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホ操作をショートカット!使途をカスタマイズできる便利なボタン

Flic

電話をかける、音楽を聞く、写真を撮る―などとさまざまな機能があるスマートフォン。しかし、目的に至るまでの、まずロックを解除し、次にアプリを立ち上げて—という手順がなかなか面倒だったりする。

そこで、そうしたプロセスを省略しようとストックホルム拠点のスタートアップが開発したのが、ショートカットボタン「Flic」。あらかじめアプリでボタンにコマンドを設定しておけば、ボタンをプッシュするだけでダイレクトに操作できるというもので、資金調達サイトIndiegogoで人気を集めている。

スマホとFlicは約45メートルの範囲内でBluetoothで連携し、1つのFlicに3つの機能を設定できる。どんな操作が設定できるのか、例を以下に挙げよう。

1.シャッターのリモコン

2.ワンプッシュコール

3.ライトなどスマート家電のオンオフ

4.ナビやテキストの操作

5.見失ったスマホの音を出す

その他にも、緊急時に自分の居場所を家族と共有したり、緊急メッセージを送ったりするボタンとしても活用できるなど、いろんな使い方が設定できる。

Indiegogoでは現在、目標額の2.5倍超を集めている人気ぶり。その理由の一つが、入手しやすい価格設定にありそうだ。

現在、27ドルの出資でFlic1つが入手でき、4つセットだと89ドルと割安になる。海外にも有料で発送してくれる。キャンペーンは1月3日まで、商品の発送は来年3月を予定している。

Flic/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。