ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とある家族の物語を、同じ主要キャスト4人が12年かけて熱演!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『恋人までの距離(ディスタンス)』で知られるリチャード・リンクレイター監督の新作『6才のボクが、大人になるまで。』が、大ヒット上映中!

本作は、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、同じ主要キャストで12年にわたり撮影した画期的なドラマ。
アメリカ・テキサス州に住む6歳の少年・メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に従ってヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。12年という歳月の中で、ビールの味もキスの味も失恋の味も経験したメイソン。家族にもさまざまな変化が訪れる中で、やがてメイソンはアート写真家という将来の夢をみつけ、母の手元から巣立っていく――。

リンクレイター監督は、本作で第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせ、2度目となる監督賞(銀熊賞)を受賞。早くも始まっている来季賞レースにおいて、すでにノミネート確実とまで言われており、日本での公開後もSNSを中心に話題拡散中。まだ観てないなんてヤバいかも!? 劇場へ急いで!

6才のボクが、大人になるまで。
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク
(2014年/アメリカ)
公開中
(c)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. all rights reserved.
http://6sainoboku.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP