ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都夫毒殺容疑者 総額8億円相続も株で失敗し預貯金わずか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 暮れも迫った昨年12月28日午後10時。『竹取物語』発祥の地といわれる京都府向日市の閑静な住宅街に、救急車のサイレンが鳴り響いた。一戸建てから担架で運び込まれた男性は、すでに呼吸はなく、体が冷たくなっていた。

 亡くなったのは、その家に住む、無職の筧勇夫さん(かけひ・いさお/享年75)。司法解剖の結果、遺体の体内からは、0.15gで死に至る猛毒の青酸化合物が、致死量の3倍も検出された。京都府警は殺人事件として捜査を始めたが、容疑者はその時から1人の女性に絞られていた。11月19日に殺人容疑で逮捕された、妻の筧千佐子容疑者(67才)である。

「生前の勇夫さんは毎朝のウオーキングを欠かさず、人一倍健康に気をつけていた人でした。そんな人が突然死んだわけですから、毒殺が疑われました。

 青酸化合物はそのまま飲むと口内や食道がひどくただれるんですが、遺体は胃の中以外はただれていなかった。警察は“カプセルに詰めて飲ませたもの”と判断して捜査を進めたところ、大阪府堺市の別宅から医療用の空のカプセルが大量に押収されました。この時点で、彼女への徹底した内偵捜査が始まったんです」(全国紙記者)

 千佐子容疑者の身辺を洗い始めた京都府警には、間もなく緊張が走る。彼女には4度の結婚歴があり、交際相手も含めて計6人の男性が、次々に死んでいたのだ。

 最初の結婚を除き、以後全て、結婚もしくは交際からわずか1年以内に相手が死んでいる。2012年3月にバイク事故で死んだ大阪府貝塚市の男性は、当時、司法解剖されており、残された血液を検査したところ、同じように青酸化合物が検出されていた。

「彼女は常に複数の結婚相談所に登録しており、夫や恋人が死ぬたびに、新たな相手を求めて相談所に紹介を要望していたそうです。しかも、死んだ男性はみな、遺産を千佐子容疑者に渡す旨を記載した『公正証書遺言』を書いているんです。

 6人の男性から相続した遺産は、総額8億円を超えています。これらの遺産は、相続するたびに株投資に使い、毎回失敗して多額の損失を出していたそうで、預貯金はわずかだったといいます」(捜査関係者)

 筧さんが死んだ後も、彼女はさっそく次の相手を探していた。四十九日も終わらぬうちに、再び結婚相談所に赴き、すでに1人の男性と交際が始まっていたという。

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々
宮城婚活サイト殺人事件容疑者の元夫は31才で不審死していた
倉敷・小5女児監禁 極秘捜査は周辺住民にバレバレだった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP