ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

95%以上の確率で5分以内に犬を座らせる方法を専門家が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 走ってきた犬が、尻尾を振りながら人にとびつき、飛びつかれた人は犬を抱き留めなでてやる。映画やドラマでよく見かける場面だが、実際には大型犬が誰にでも飛びつくようでは問題も生じやすい。犬のしつけ教室・Can! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導する西川文二氏が、高確率で飛びつく犬を座らせる方法を解説する。

 * * *
 犬が人に飛びつく。果たしてコレは止めさせるべきか? 以前、改善すべき行動か否か、の判断基準ってのを、紹介したことがある。(1)犬にとって問題か、(2)飼い主にとって問題か、(3)世の中にとって問題か、このいずれかに抵触すれば、それは改善した方がよろしい、ってね。

(1)は、例えば膝や股関節、腰に問題がある犬の場合。二足立ちする飛びつきは、症状を悪化させる。

(2)は飼い主が問題としないなら、それはそれでいいかも。でも(3)には引っかかる。大型犬の場合は、他人を押し倒すこともある。

 小型犬の場合は、押し倒すことはないけれど、外であれば問題となる。なんでかっつ~と、犬は土足。人間の子供であれば、砂遊びをしたあと手を洗わずに、他人のお召し物に触れるようなモノ。コレ人間の子供なら、問題となりますわな。犬も同様と考える。

 すなわち少なくとも、他人様への外での飛びつきってのは、犬のサイズに関係なく改善すべき行動、ってことになる。

 そもそも飛びつくのは何故か? コレ、みんなが可愛いってかまってくれてたからなんですな。すなわち、結果的にいいことが起きてるから、犬は飛びついてる。

 であれば、改善策は簡単。いいことを出さないこと。頼める相手には、飛びついたら無視してもらう。いいことが起きない行動は取らなくなる。で、飛びつかなくなったら、かまってもらう。

 叱ることも、「オスワリ」なんて指示することも必要なし。犬に、飛びつくことと座ること、どっちが得か考えさせるだけ。

 この対応、教室はもちろんいろんなとこで、私めやっております。経験では95%以上の確率で、5分以内に犬は座りっぱなしとなる。以上、今回は飛びつきに対する、飛びっきりの対応法をお届けいたしましたぁ。

※週刊ポスト2014年12月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
飼犬が他人の家の門柱におしっこをかけるのを止めさせる方法
犬のしつけ指導者が基本的な4つのしつけ学習パターンを語る
冬ボーナスで最新家電購入検討なら“半年待ち”が得の可能性も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP