ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

華原朋美、9年ぶり全国ツアーから最新ステージをWOWOWで11/30放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年の年末に芸能活動を再開して以来、2014年はカバーアルバム2枚をリリースし、夏フェスに参戦するなど精力的に活動を続けてきた華原朋美。今秋には自身9年ぶりとなる全国ツアーを14都市で15公演行なった。WOWOWでは、10月4日東京・NHKホールでのコンサートを11月30日に放送する。オンエアを控え、華原がツアーに懸けた想いを語った。

「今の私はいただいたお仕事を何十倍にも返していきたいという想いで、すべてのことに取り組んでいます。今回のツアーは演出をやろうと自分から提案しました。セットリストや、スペーシーなイメージにしたいとライトやレーザーを増やしてもらったり。思った以上に大変でした(笑)。プランを考えているうちに朝になってしまうこともありました」

コンサートは2枚のカバーアルバム「MEMORIES -Kahara Covers-」「MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-」からの楽曲と自身のオリジナルヒット曲で構成された。代表曲の「I’m proud」や中島美嘉のカバー曲「雪の華」など、数々の名曲を伸びやかで力強い歌声で届けた華原。GLAYのカバー曲「HOWEVER」では、「みんなで演奏するイメージがいいと思い、ギターとベースの方と3人で前に出て歌うようにした」など、ステージを重ねるうちにパフォーマンスも変化させていったという。

また、特に印象深かったのは、globeのカバー曲「DEPARTURES」。

「歌詞の一つひとつが胸に染みこんで、こみ上げるものがありました。この歌を歌える今の自分が信じられないほどうれしくて。感謝の気持ちでいっぱいになりました」

来年はデビュー20周年を迎える。「ベストな状態でコンサートを終えることができて、とてもうれしかった。来年もカバーアルバムを出したいし、ツアーもしたい。歌える喜びを改めてみなさんに伝えていきたいです」

今年の一番の思い出に「今回の全国ツアー」と即答した華原。より表現力を増した歌声を堪能できる渾身のステージで、アーティスト・華原朋美の魅力に触れてみよう。

関連リンク

華原朋美 オフィシャルサイトhttp://sp.tomomikahara.com/
華原朋美 レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/kahara-tomomi

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP