ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

光が彩るシャンゼリゼ通り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランス・パリのシャンゼリゼ通りでは11月20日、クリスマスイルミネーションの点灯が始まった。パリの冬を彩る風物詩として知られる同イベントは、コンコルド広場から凱旋門まで2キロにわたっておよそ80万個の電球が夜道を彩っている。

【画像や図表を見る】

今年で34回目を迎えるシャンゼリゼ通りのクリスマスイルミネーションでは、7年前からLED電球が使われている。点灯は毎日午後6時から午前2時まで。

このイルミネーションは、クリスマスはもちろんのこと、年末年始も続き来年1月7日まで行われるという。旅行でパリを訪れることがあればぜひ一度のぞいてみたいイベントだ。
(R25編集部)

光が彩るシャンゼリゼ通りはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

目黒川ライトアップ、混雑は必至か
夜景評論家が厳選!イルミスポット
クリスマスデート必携アプリ5選
郊外イルミネーションTOP5
冬のロマンチックデートプラン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。