ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

企業努力続けるアンテナショップ 銀座界隈に40店以上集中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「東京の中心にありながら、お店に一歩足を踏み入れると地元のお国言葉が飛び交い、まるでその土地に旅行しているかのような気分になれる。現実には難しい北海道と沖縄へのハシゴ旅も簡単。だからアンテナショップ巡りは楽しいんです」

 そう語るのは、トラベルライターで、All About一人旅ガイドを務める塩田典子さん。

「ひと昔前は“土産店”のようなショップも少なくありませんでしたが、最近は地元の名産をPRしようという“企業努力”が素晴らしい。銀座界隈には40店舗以上が集中していますが、試飲や試食などができる、顧客参加型の魅力的なショップが増えています。

 醍醐味は、お店のかたとのおしゃべり。おすすめの食べ方を尋ねるとその土地の伝統的な食べ方のほか、家庭で作れるアレンジレシピを教えてもらえることも」

 何を買うか迷ったら、売り上げランキング上位のものやスタッフおすすめのものを選ぶのもひとつの方法だ。

「アンテナショップをきっかけに、その土地を訪れて、現地の魅力を全身で感じてほしいですね」

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
駅弁通の東進ハイスクール日本史講師が絶賛「廣島上等弁当」
深夜にお腹がすいたら「キムチ納豆がお勧め」とみよこ明洞さん
銀座の人々にアンテナショップが人気 ソフトクリームに行列

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP