ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JAWBONEのリストバンド型活動量計『UP3』は1月に国内発売へ 心拍数や温度も計測できるマルチセンサー仕様

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


Bluetoothヘッドセットやスピーカーを開発・販売する米JAWBONE社は、26日に開催された記者発表会でリストバンド型の活動量計『UP』シリーズの新製品『UP3』と『UP MOVE』を発表しました。ここでは、1月に発売予定の『UP』『UP24』に続く第3弾製品『UP3』の詳細をレポートします。

『UP』シリーズは、ブレスレットのように手首に装着して、日中は歩数や運動時間、睡眠時は眠りの深さや時間を計測・記録できる活動量計。本体からスマートフォンにBlutooth経由で転送したデータをiOS/Android用アプリ『UP by Jawbone』で表示・管理できます。


『UP3』の最大の進化のポイントは、マルチセンサーを搭載したこと。歩数や運動、睡眠状態を計測する従来の3軸の加速度センサーに加えて、バイオインピーダンスセンサーによる心拍数の計測、電気皮膚反応、呼吸数、温度センサーによる温度や皮膚温度の計測が可能になりました。バンドの内側には各種センサーの接点が実装されています。


これにより、睡眠状態は従来の「起きている」「深い睡眠」「浅い睡眠」に加えて、睡眠中の動きと心拍数を計測して「REM睡眠」の状態を検出可能になりました。これら4段階の睡眠状態は『UP by Jawbone』で確認できます。夢や学習・記憶の定着と関係するといわれるREM睡眠を確認することで、睡眠の質をより詳細に把握可能に。また、従来製品では睡眠を計測するモードに切り替えるためにボタンを押す必要がありましたが、『UP3』では切り替え操作が不要になっています。


心拍数の計測では、安静時の心拍数を記録して経時変化を見ることで、心臓の健康状態の把握に利用する考え。今後はファームウェアのアップデートにより、心拍数を任意のタイミングで計測する機能、体の脱水状態、ストレス状態などを把握する機能を追加していくとのこと。これらはユーザーの状態を把握して、アプリからの通知により行動の改善を促す『Smart Coach』機能に利用されます。

本体は最大10メートルの防水に対応。水泳中にもバンドを着用できるようになったほか、お風呂が大丈夫かは不明ですがシャワー中も着用できるようになりました。

運動の測定機能が強化され、ランニング、クロストレーニング、有酸素運動、テニス、ハイキング、ダンス、水泳などの運動が自動で認識可能に。アプリが「今走っていましたか?」と確認を促すので、それに回答すると以降は運動の種類と時間を自動で記録します。


従来はサイズを選んで購入する必要がありましたが、『UP3』ではサイズの調節が可能なワンサイズに。本体カラーは発売時にブラックダイヤモンドとシルバークロスが順次提供され、その後グレー、ルビーなどカラーラインアップを増やしていく予定。本体バッテリーは1回の充電で最大7日間の連続使用が可能。スマートフォンの対応機種は『iPhone 4S』以降、『iPod Touch』第5世代以降、『iPad 3』以降、『iPad mini』、Android 4.3以降のスマートフォンです。『UP3』は2015年1月の発売予定で、価格は2万1800円(税込み)。

同日に発表されたエントリーモデル『UP MOVE』の詳細はこちら

コンパクトなJAWBONEの活動量計エントリーモデル『UP MOVE』は12月中旬に国内発売へ さっそく使ってみた
http://getnews.jp/archives/709164

UP
https://jawbone.com/up[リンク]

参考記事:
JAWBONEのリストバンド型活動量計『UP3』は4月20日に米国から出荷開始へ 防水性能が確保できず製造が遅延
http://getnews.jp/archives/910792[リンク]

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP