体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

団地内にDIY工房とBBQ場が登場。進化する団地とは

団地内にDIY工房とBBQガーデンが登場。進化する団地とは(画像提供:UR都市機構)

団地では、最近「リノベーション」や「DIY」が盛んに行われていて、若者を中心に注目を集めつつあります。今回、原状回復が原則不要になるDIY住宅を供給するUR都市機構が、「箕面粟生(みのおあお)団地」で、工具類などが充実したDIY COBO(工房)とバーベキューガーデンをオープンさせました。
賃貸でできるDIY文化を広めるために計画された、「DIYキャラバンツアー2014」の第1弾も兼ねたオープニングパーティーに密着してきました。団地内にできた、人が集える新しいスポット

今回お披露目になったのは、団地住民の新たなコミュニティスポット「DIY COBO」と「BBQガーデン」。「DIY COBO」については、以前当ジャーナルでもお知らせした「UR DIY部」による施工(http://suumo.jp/journal/2013/08/07/49596/)。

DIY COBOという名前は、“DIYで人が集える場所”という意味を込め、DIY COmmunity BOxを略してDIY COBOと名付けられたそう。

施工したDIY部員にお話を伺うと、「DIY住宅をご契約いただいたお客様の声として、 “家ではスペースがなかったり、部屋が汚れそうで気になる”、“工具をそろえるのは大変”というものがありました。そこで、団地の真ん中にある集会所でDIYができる場所を創ったらいいかも!と思い、あまり使われていなかった和室をDIY COBOとして生まれ変わらせることにしたんです」とのこと。

見学した住人からは、「工具がすごく充実してるし、作業台もあって広さも十分。家が汚れずにDIYが楽しめそう」との声が。管理事務所に申し込みをすれば1時間220円で工具・COBOが自由に利用可能です。

また、今回の工房にある工具のセレクトに協力しているのが、DIY FACTORY OSAKAを運営している(株)大都。使い勝手の良い実用的なものをプロの目線でセレクトされたそうです。

【画像1】天井を抜いて、骨組みだけを残し、黒く塗装。天井を抜くのはそれほど難しくなかったそう。工房らしい雰囲気に仕上がりました(画像提供:UR都市機構)

【画像1】天井を抜いて、骨組みだけを残し、黒く塗装。天井を抜くのはそれほど難しくなかったそう。工房らしい雰囲気に仕上がりました(画像提供:UR都市機構)

【画像2】今回DIY部で施工したDIY COBOで、かっこいい壁掛けラックに鎮座する工具たち。和室だったとは思えない設え(画像提供:UR都市機構)

【画像2】今回DIY部で施工したDIY COBOで、かっこいい壁掛けラックに鎮座する工具たち。和室だったとは思えない設え(画像提供:UR都市機構)

BBQガーデンでは、BBQ芸人のたけだバーベキューさんをお呼びしたBBQ講座も行われていました。1ポンドステーキ、焼き野菜のバーニャカウダ、しいたけのおいしい焼き方、マシュマロを使ったデザート、などなど筆者も楽しく&おいしく参加者のみなさんと食事ができました。

箕面粟生団地にお住まいのシニア夫婦にお話を伺うと、「団地のみどりはほんとに気持ちいい。今回BBQガーデンやDIY COBOをつくってくれたことは住民としてはすごくうれしい」とのこと。たしかにプライベートガーデンのような雰囲気のBBQガーデンは団地のお友達が集まって楽しめる雰囲気があると感じました。

【画像3】BBQの〆はマシュマロを炭火であぶって食べました。大きなBBQコンロをみんなで囲うのも楽しい(画像提供:UR都市機構)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会