ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

牛乳でお腹ゴロゴロしない人は欧州やアフリカのDNA継承か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 われわれの祖先はどのように日本に渡り、どのように変貌したのか。最先端のDNA分析により得られた新事実を、ヒトゲノムによって日本人の起源を探る研究の第一人者、国立遺伝学研究所の斎藤成也教授が明かす。
 
 * * * 
 DNA分析という手法の開発により、分子生物学によって日本人のルーツを探る研究は劇的に進歩した。DNAは「たんぱく質の設計図」とされる物質で、親から子に遺伝情報を継承する。DNAの変異が身体機能の差異に現れることがある。そこから自分のルーツとなる集団を類推することもできる。
 
 たとえば、日本人の瞳の色は茶色がスタンダードでこれは東アジアで共通だが、現代人のDNA分析から推定すると、縄文人は青い瞳だったかもしれない。
 
 耳垢には、かさかさ型(乾型)としっとり型(湿型)の2種類あるが、これもDNAの特定箇所が関わっている。日本人を含む東アジアの集団では乾型が多いが、欧州ではほとんどが湿型だ。アイヌ人と沖縄人も湿型の頻度が高い。世間では「乾型が弥生系で、湿型が縄文系」などといわれているが、当たらずとも遠からずと言えるだろう。ちなみに、耳垢遺伝子の近傍に腋臭遺伝子があるようで、耳垢が湿型の場合、腋臭が強いという相関もある。
 
 お酒に対する耐性は、アルコールから生じるアルデヒドの分解酵素を作るDNAに関わり、お酒に弱い人はこの部分が変異している。欧州と比べると、中国南部や朝鮮半島、日本にはこの変異したDNAを持つ人が多い。弥生人は酒に弱かったのかもしれない。
 
 昔から日本人は牛乳に弱いと言われているが、牛乳を飲んでもお腹がゴロゴロとしない人は、授乳期を過ぎても乳糖分解酵素を作り続けられるからで、これは変異したDNAをもっているからだ。古くから牧畜文化があった欧州やアフリカでは、集団によって70~80%に達する。一方、牧畜文化を持たなかった日本人は15%ほどだ。牛乳を飲んでもお腹が下らない人は、欧州やアフリカからDNAを引き継いでいる可能性もある。
 
※SAPIO2014年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
先天性の遺伝でがん発症する人 全患者の5~10%に過ぎない
男性痛風患者の8割が遺伝子に変異持つ 発症リスク最大22倍
「ハゲ親父だから子供もハゲ」というほど遺伝は単純ではない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP