ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平凡な主婦が起こした横領事件を描く、『桐島〜』の吉田監督最新作!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『桐島、部活やめるってよ』のヒットも記憶に新しい、吉田大八監督の最新作『紙の月』が公開中。

テレビドラマ化もされた角田光代のベストセラー小説を映画化した本作。
時代は、バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。その丁寧な仕事ぶりが評価され、何不自由ない毎日を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫に、空虚感を感じ始めていた。そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会い、彼と過ごすうちに、ついに顧客の預金に手をつけてしまう。たった1万円を借りたつもりが、次第にエスカレートしていき――。

美しき横領犯・梅澤梨花を演じるのは、約7年ぶりに映画主演を務めた宮沢りえ。梨花が横領に手を染めるきっかけとなった大学生役は、若手実力派の池松壮亮が演じる。

紙の月
監督:吉田大八
脚本:早船歌江子
出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美
(2014年/日本)
公開中
(C)2014「紙の月」製作委員会
http://kaminotsuki.jp

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP