体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【孤独のグルメ】台東区鶯谷の鳥鍋めし/ 鳥椿

uguisudani3

鶏肉をすき焼き風に仕上げ、ご飯に盛りつけた「豪快なる飯」。それが、台東区鶯谷の『鳥椿』で食べられる鳥鍋めしだ。牛鍋ならぬ鶏鍋。ここに生卵を割り入れ、ガツガツと一気に頬張る。

・鳥鍋めし450円
鶏肉特有の甘味と旨味があり、限りなく薄味の醤油ベースで、その割り下が美味しさの基礎となっている。ご飯を食べているのに、一緒にビールやハイボールが飲みたくなる味だ。豆腐の味もご飯と解け合っていい。しょっぱくない、甘すぎない、心地いい美味さだ。

生卵を50円で追加することもできるので、ぜひそうしてほしい。マイルドな割り下の風味に拍車がかかる。まさにすき焼きのような食べ方となるが、こんなにも美味いとなると、牛肉の立場がなくなるのではないだろうか?

uguisudani1 uguisudani4 uguisudani2 uguisudani10

・油淋肝 300円
鶏のレバーを空揚げにした油淋肝(ゆうりんかん)も絶品。ネギの鋭い香味感が、レバーのマッタリ感と、揚げ物としてのサクサク感と合わさり、まさに「感」「感」「感」の三感王。これはビールよりも日本酒が合うのではないだろうか。

uguisudani5

・名物ハムカツ 300円
この店で忘れてはならないのが、名物にもなっているハムカツだ。その厚み、なんと2~2.5センチもある。

均一な平坦となっている衣が「サクリ」と音を立てて崩れれば、あとはジュワジュワと旨味が染み出る肉厚ハムの世界。

uguisudani7
1 2次のページ
東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会