ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

劇団ひとり『青天の霹靂』オーディオブック化に「夢がかなった」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

劇団ひとり『青天の霹靂』オーディオブック化に「夢がかなった」

 11月25日、都内で『青天の霹靂』(劇団ひとり/著、幻冬舎/刊)のオーディオブック制作発表記者会見が行われ、原作者であり轟正太郎を演じる劇団ひとりさんと、轟晴夫を演じる金谷ヒデユキさんが報道陣に向けて作品をPRした。

 「この本をオーディオブック化したかった。夢がかないました」と劇団ひとりさん。キャスティングは関わっていないというが、「晴夫の屈折しているところなんかは、金谷さんにピッタリだと思います」とコメント。金谷さんは「(晴夫は)ひねくれ具合が自分と合っていると思いました。読んでいて、晴夫の気持ちが素直に入ってきて、やりやすかった」と“適役”をアピールした。
 一方、劇団ひとりさんは映画と同様、正太郎役を演じる。「ディレクターに結構駄目出しされまして。なんで原作者なのに駄目出しされないといけないんだ、と。でも、言われた通りにやりましたよ」と笑いながらエピソードを語った。
 また、報道陣から矢口真里さんのキャスティングをすすめられると「いいと思います。ぜひお願いしたいですよね」と返答。「今、お客を持っていますから。矢口真里がオーディオブックで復活となったら売れると思います」と“復帰”を歓迎した。

 オーディオブックは本を音声化したもの。報道陣から気になる声優について質問があがると、金谷さんは「劇団ひとりさんは声優としても一流の人だと思います」と回答し、劇団ひとりさんも「(自分の声優活動の)評判は悪くはないですね」とニヤリ。一方の劇団ひとりさんは、憧れの声優として山寺宏一さんの名を挙げていた。

 先日、第6回TAMA映画賞で最優秀新進監督賞を受賞した劇団ひとりさんだが、「ベストオーディオブック賞を狙っていきたい」と意気揚々。果たしてオーディオブックの賞は取れるのだろうか?
 『青天の霹靂』オーディオブック版は12月下旬にオーディオブック配信サービス「FeBe」にて発売される。公式サイトはこちらのURLから。( http://www.febe.jp/feature/1527
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「失敗は笑いの種」パックンがお笑い芸人として学んだこととは?
厳しい世界を生きるお笑い芸人たちの考え方とは?
「バラエティがいじめ助長」に水道橋博士が反論

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。