体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『進撃』実写にリヴァイ不在理由として囁かれる「身長・体重一致するのは出川しかいないから」説について

先日、実写映画『進撃の巨人』の配役発表が世間を大いに賑わせていました。その際、最も注目を集めたのが原作マンガやアニメで人気の「リヴァイ」役について。

発表によると、実写映画では「リヴァイ」という役は登場せず、代わりに似た設定の新キャラクター「“人類最強の男”シキシマ」の存在が明らかになりました。

【関連:実写『進撃の巨人』出演者発表でネット民が大胆配役予想!―石原さとみオリキャラ説も】

実写映画『進撃の巨人』公式サイトより

「今回リヴァイというキャラクターは登場させず、何故あえて似た設定の新キャラクターを登場させるのか?」――発表直後からネットでは大いに話題になっていました。

一応公式からは理由も発表されていますが、詳細な理由を気にする人は多く、推察する声がネットのあちらこちらで上がっていました。

▼公式からの発表文
原作でも人気のキャラクター、「エレン」「ミカサ」「アルミン」「サシャ」「ジャン」「ハンジ」などが登場するほか、新たに生み出されたキャラクターも多数登場する。これは、原作者・諌山創氏や監督、脚本家が実写映画版のストーリーを構築する際に、原作キャラクターの魅力を持った人物には同名を付けつつ、物語に相応しい映画版キャラクターへの“ハイブリット化”を目指した結果である。

理由の一つとして目立ったのは、「リヴァイ」体型の現実性について。
『進撃の巨人』の設定では、リヴァイの身長は160cm、体重65kg。そして今回新キャラクターであり、ポスト「リヴァイ」ではと目されるシキシマ役の長谷川さんは183cm。身長だけでもかなり差があることが分かります。
もし別の俳優をキャスティングするにしても、身長・体重だけで選ぶならば現実的なのは、ぽっちゃりさんか、マッチョなボディビルダー体型の人が有力になってしまいます。しかし原作などでのリヴァイの見た目は超スレンダーかつイケメン。
現実的に考えるとあまりに難しい条件ゆえ、今回はリヴァイに雰囲気の近い長谷川さんを選び、そしてわざわざ新キャラクター扱いにしたのではないかと考える人が多いようです。

しかし、一部ではこんな意見もネットで囁かれていました。
実は昨年、リヴァイと身長・体重が一致する芸能人がいるとしてネットで大きく話題になることがありました。それがタレントの出川哲朗さん。
配役発表直後の、「リヴァイ不在」「シキシマって誰?」とネット上で大騒ぎになっている頃、一部の人からは前述の影響をうけ「一致するのが出川じゃなー」や「リヴァイがヤヴァイになる」と勝手に理由の一つに扱われていました。
でも?出川さんの所属するマセキ芸能社の最新プロフィールを見てみると?なんと体重74kg!!健やかに成長しておられるようで……。

マセキ芸能社の最新プロフィール

というわけで、一致もしくは近い身長・体重の芸人はいないか軽く調べてみました!あくまで話のネタ程度にご覧下さい。
(俳優さんやモデルさんは身長・体重非公開が多いので、ともに公開データの多い芸人に絞って調べています。)

▼身長体重一致
・身長160cm/体重65kg―浮世亭三吾(三吾・美ユル

▼体重一致で身長が近い人
・身長155cm/体重65kg―近藤春菜(ハリセンボン

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy