ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、初のライヴ・アルバム「ライヴ・ソス」12/17発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デビュー・アルバムが世界76ヶ国のiTunesで1位、全米アルバム・チャートでも初登場1位を獲得したファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが、初のライヴ・アルバム「ライヴ・ソス」を12月17日に発売することが決定した。

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーは、英語表記の5 Seconds Of Summerから「5SOS(ファイヴ・ソス)」の愛称でファンに親しまれており、これにひっかけ、今回のライヴCDのタイトルも「ライヴ・ソス」とユニークなアルバム・タイトルとなっている。国内盤には、海外のデラックス盤にのみ収録されているボーナス・トラック2曲と、国内盤独占ボーナス・トラック1曲の収録が決定している。このアルバムの予約注文が世界中同時開始した途端、世界各国でiTunesのトップ・アルバム(総合アルバム・チャート)で1位を獲得するなど、“発売前から大ヒット中”だ。

先月、約5ヶ月間に渡り、約380万人を動員したワン・ダイレクションとの世界ツアーを終えたばかりの5SOSは、iTunes Festivalや全米での大型テレビ出演等で相変わらず忙しい日々を送っている。そんな中、日本時間11月24日に行われた「AMA」こと「アメリカン・ミュージック・アワード(アメリカ音楽賞)」に出演。「AMA」は、グラミー賞やビルボード・ミュージック・アウォーズ、ロックの殿堂入り授賞式と並ぶアメリカの4大音楽の1つで、5SOSの4人は、ワン・ダイレクションやメアリー・J.ブライジ、NE-YOやファーギーら同様、1曲をパフォーマンスし会場をおおいに盛り上げた。また、世界中の大型新人5組の中から見事「最優秀新人賞」を受賞した。

先週末は、「ファンのみんなに感謝の気持ちを込めて」と、世界35ヶ国のファンを一斉にアメリカ・ロサンゼルスに集結させ、「ダープコン」という名のスペシャル・ファン・イベントを行った。日本からも当選者2名のファンがロサンゼルスまで出向き、バンド本人との涙ながらのミート・アンド・グリートや、バンド史上最大規模のライヴ会場The Forumで行われた単独公演の鑑賞など、大いに楽しんだ。

リリース情報

ライヴ・アルバム「ライヴ・ソス」
2014年12月17日発売
UICC-10014 2,200円+税
収録内容
1)18/18
2)アウト・オブ・マイ・リミット/OUT OF MY LIMIT
3)ディスコネクテッド/DISCONNECTED
4)アムニージア/AMNESIA
5)ビサイド・ユー/BESIDE YOU
6)エヴリシング・アイ・ディドゥント・セイ/EVERYTHING I DIDNT SAY
7)ロング・ウェイ・ホーム/LONG WAY HOME
8)ハートエイク・オン・ザ・ビッグ・スクリーン/HEARTACHE ON THE BIG SCREEN
9)アメリカン・イディオット/AMERICAN IDIOT
10)ティーンエイジ・ドリーム/TEENAGE DREAM
11)グッド・ガールズ/GOOD GIRLS
12)ホワット・アイ・ライク・アバウト・ユー/WHAT I LIKE ABOUT YOU
13)エンド・アップ・ヒア/END UP HERE
14)シー・ルックス・ソー・パーフェクト/SHE LOOKS SO PERFECT
15)ホワット・アイ・ライク・アバウト・ユー(スタジオ・ミックス)/WHAT I LIKE ABOUT YOU (STUDIO MIX)
16)ドント・ストップ/DON’T STOP ★
17)キス・ミー・キス・ミー/KISS ME KISS ME ★
18)アメリカン・イディオット(スタジオ・ミックス)/AMERICAN IDIOT (STUDIO MIX) ☆
★海外デラックス盤&日本盤ボーナス・トラック
☆日本盤ボーナス・トラック

配信情報
ライヴ・アルバム「ライヴ・ソス」
iTunesで予約注文受付中
予約すると新曲「What I Like About You (Live)」をその場でダウンロードできます。
https://itunes.apple.com/jp/album/livesos-bonus-track-version/id939308954

関連リンク

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー 日本公式サイトhttp://po.st/5SOSweb
■日本公式ツイッターhttps://twitter.com/_5SOSjp
■日本公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/5SOSjp
■フテネコ 公式Facebookhttps://www.facebook.com/futeneko
■芦沢ムネト 公式Twitterhttps://twitter.com/ashizawamuneto

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP