ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒトリエ、アルバム「WONDER and WONDER」収録の「5カウントハロー」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

wowaka(Vocal & Guitar)、シノダ(Guitar & Chorus)、イガラシ(Bass)、ゆ―まお(Drums)からなる4人組ロックバンド・ヒトリエが、本日11月26日に発売する初のフルアルバム「WONDER and WONDER」。これに収録されている「5カウントハロー」のミュージック・ビデオが、YouTubeの“ヒトリエOfficial Channel”に公開された。

「5カウントハロー」は、四つ打ちリズムを導入した曲をレパートリーに持つバンドが数多く存在する日本のロックシーンの中で、“五つ打ち”とでも言うべき五拍子という変則的なリズムにチャレンジした意欲的な楽曲に仕上がっている。また、アルバム「WONDER and WONDER」の制作途中段階から楽曲を聴き、メンバーと共有しながらジャケットのアートワークをディレクションしていっただけに、ジャケットとイメージをリンクさせつつも、ミュージック・ビデオのセオリーや常識をことごとく無視し、覆すような、シュールかつオルタナティブ感溢れた映像作品となっている。

さらに、このアルバムリリースを記念し、予てからヒトリエをPUSHしていたヴィレッジヴァンガード下北沢店にて、インディーズ時代にリリースし、現在は流通しておらず入手困難となっているアルバム「ルームシック・ガールズエスケープ」の限定再販売も決定。こちらはニューアルバム発売と同じく、本日11月26日の18:00以降に店頭に並ぶ予定。なお、初回入荷分に関しては、取り置きは非対応となる。

12月5日よりアルバムを引っ提げての全国ツアー“ヒトリエ 全国ワンマンツアー2014/15「WONDER and WANDER」”がスタートする。

「5カウントハロー」ミュージック・ビデオ

wowakaコメント
「5カウントハロー」は、ヒトリエというバンドのアプローチの可能性を探りに探って、一つのシンプルなポップミュージックとして落としこんだ楽曲です。
MUSIC VIDEOはアルバム「WONDER and WONDER」のアートワークをすべて手がけた永戸鉄也さんにお願いしました。
日常から一瞬の違和感と非日常を切り取った“映像のコラージュ”、音との化学反応による不思議な引力があって、気が付くと幾度も幾度も見てしまいます。どうぞお楽しみください。

永戸鉄也コメント
それは人が羽根つき餃子を発明した様に、またはプラモのバリが必要な場合、パッケージを購入してパーツを捨てなければならない。
自分が考える音楽的映像とはこういう作り方なのだ。
ロケハンで見た練習スタジオにステーキ屋を感じ取る、そしてステーキとギターソロが重なる。
手をブラブラにして完全脱力し、全身で連想してゆく。そうする事で眼と感情は自ずと音響的装置になる。
そういったプロセスが映り込んだ映像を皆さんの視覚に送り込みたい。
旅はまだ続きそうな予感。ヒトリエ ありがとう!

リリース情報

アルバム「WONDER and WONDER」(ワンダーアンドワンダー)
2014年11月26日発売
初回生産限定盤(CD+DVD)AICL 2785-6 3,400円+税
通常盤(CD)AICL 2787 2,800円+税

アルバム「ルームシック・ガールズエスケープ」
2014年11月26日ヴィレッジヴァンガード下北沢店にて限定再販売

関連リンク

ヒトリエ オフィシャルサイトhitorie.jp
ヒトリエ オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/hitorieJP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP