ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイフェックスと並ぶUKテクノ・シーンの重鎮、プラッド、来日ライヴ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈WARP〉最古参アーティストであり、UKテクノを象徴するアーティスト、さらには『鉄コン筋クリート』のサントラを手がけたことで知られるプラッドが来日、Audio/Visualのライヴ・セットを12月19日(金)代官山ユニットで行う。

結成25周年、通算10枚目となった記念すべきアルバム『Reachy Prints』を〈WARP〉より今夏リリースしたプラッド。エレクトロニカの祖先とも言える、1990年代初頭に〈WARP〉が提唱したリスニング・テクノのコンセプト=「アーティフィシャル・インテリジェンス・シリーズ」。エイフェックス・ツインとともに〈WARP〉のこのシリーズを象徴したブラック・ドッグ・プロダクションから分派したのが25年前。その後は、その透明感あふれるデトロイト・テクノ的なシンセのラインと、エレクトロ・ヒップホップをルーツに持ったその細やかなリズム・デリヴァーで、オウテカらとともに、まさにUKテクノの良心ともいうべき作品を発表し続けている。また松本大洋原作のアニメ映画『鉄コン筋クリート』のサウンド・トラックなども手がけた。

彼らの作品のおもしろさは、やはりその電子音楽としてのアヴァンギャルドな側面を持ち合わせていながら、穏やかな表情のメロディ、そしてその音色によるポップな色彩を持ち合わせていることだ。

そんな彼らの珠玉の電子音が生で聴けるチャンス! これは逃してはなりませんぞ。またどうやらライヴはヴィジュアルとの連携があるようだ。体験するしかあるまい! サポート・アクトなどは今後順次発表される予定。
(河村)

・プラッドの『Reachy Prints』をOTOTOYではハイレゾで絶賛配信中!
http://ototoy.jp/_/default/p/42302

PLAID – Reachy Prints – Audio/Visual Live in Tokyo
2014月2月19日 (金)
代官山UNIT
OPEN/START 19:00
ADVANCED TICKETS 4,000yen (tax incl./without drink)
PLAID and guests

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。