ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウイスキーの注文 ストレートで頼むと怪訝な顔されるものも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ウイスキー作りに情熱を傾ける夫婦を描いたNHKの朝ドラ『マッサン』が好調なことにより、ウイスキーに俄然注目が集まっている。今こそ大人の嗜みとして、ウイスキーの飲み方の一つも覚えておきたいところ。バーでウイスキーを飲む際の注意点を紹介しよう。

■バーテンダーとの会話も「味」の一部

 バーではバーテンダーとの会話が、お目当てのウイスキー、適切な「飲み方」に出会える確率を高くする。

「例えばお客様が食前なのか食後なのかといった、小さな情報でも出していただけると助かります。食前酒としてならハイボール、食後なら水割りではお腹が膨らむのでロックやストレートなど、状況に合わせてお出しします」(東京・銀座にある老舗のバー「ロックフィッシュ」の間口一就氏)

 感想も遠慮なく。例えばストレートがきつい場合は、「割り水」を注文する。

「お客様の反応でこちらから割り水をお出しすることもあります。濃すぎるならトニックウォーターを頼んだり、コーラ割りにしたりすればOK。それで嫌な顔をされることはありません」(間口氏)

■「ブレンデッド」にストレートはNG

 ウイスキー評論家の土屋守氏は、バーで飲むなら最初のウイスキーとして「スコッチのシングルモルト」を推奨している。そしてシングルモルトに慣れてきたら「ブレンデッド」を飲んでみよう。

「これはストレートで、というと怪訝な顔をされる可能性があるので注意してください(笑い)。基本的にロックで飲むものです。大ぶりなグラスで、氷にもこだわりたいですね。大きく綺麗な丸氷とブレンデッドの相性は抜群です。

 ブレンデッドはモルト・ウイスキーにグレーン・ウイスキーを混ぜた奥深い味わいです。ロックだと徐々に氷が溶けて味がマイルドになる。時間をかけて溶ける丸氷が、カランカランとグラスの中で音を立てる風情は格別です」(土屋氏)

■つまみは「甘い物」で

 間口氏はおつまみにもこだわりを持っている。

「ハイボールは炭酸が食べ物の油を流してくれるので、ナッツやチョコレートと相性が良い。自宅で飲む場合はマカロンやクッキーなどの焼き菓子がおすすめです。香ばしいウイスキーによく合います」(間口氏)

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バーで飲むウイスキー 最初はスコッチのシングルモルトが◎
ウイスキートリビア 「Whisky」と「Whiskey」の違いとは?
ウイスキートリビア ニッカウヰスキーはなぜ「ヰ」なのか?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP