ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 将来のMLB挑戦を公言している北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平にとって、今回の日米野球は貴重な腕試しのチャンスだった。

 リリーフ登板した第1戦(11月12日)に1回を投げ、3人の打者をパーフェクトに抑え込むなどしたため、対戦したメジャーリーガーも大谷を認めるコメントを出した。

 では、二刀流はメジャーでも通用するのか。これについてはNHKのMLB解説者・高橋直樹氏は「厳しい」と断じ、来日したメジャーリーガーたちも一笑に付していた。

「大金を出して獲得する選手に、メジャーはそんなリスキーなことはさせない。各チームとも、DHは最も年俸の高いスラッガーが打つだろうし、守る場所もない。せっかく投手として可能性があるのだから、本気でメジャーを目指すなら打者は早々に諦めるべきです」(高橋氏)

 投手に専念してメジャーのエースを目指すか、それでも二刀流の夢を追うか。日米野球は、大谷に可能性と課題を同時に突きつけた。

※週刊ポスト2014年12月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大谷翔平 メジャーで成功するには変化球のコントロール次第
和田毅と岩隈久志のあだ名「バーゲン男」「催眠術師」の理由
MLB球団スカウト 大谷翔平に「早く投手に専念してほしい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP