ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

太陽光発電する“盆栽”?!クリーンエネルギーでスマホをチャージ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ElectreeMini

「盆栽」というと、お年寄り向けの趣味というイメージがある人もいるかもしれない。しかし、今や「盆栽」はヨーロッパなど世界中で、老若男女問わずに注目を集めており、外国の辞書に“bonsai”という単語が掲載されるほどに認知され、アートとしても高い評価を受けている。

ただ、今回紹介する「Electree Mini」は、そんな普通の盆栽ともまた一味違うものである。太陽光発電をする、盆栽型キットなのだ。

盆栽型のソーラーパネルキット、より小型に

フランスのデザイナーVivien Muller氏が手がけた「Electree Mini」は、2008年に開発されたオリジナル版「Electree」を小型化したバージョン。「Electree」は27枚のソーラーパネルを設置したより大きいサイズであったが、新バージョン「Electree Mini」では、全部で9枚のソーラーパネルを搭載し、家の居間や出窓などに置きやすい植木鉢サイズになった。

太陽光を受けたソーラーパネルを通じてエネルギーが集められ、内部の乾電池型バッテリーに蓄電される。ユーザーはUSBケーブルを使って、好きなときにスマートフォンやウェアラブルデバイスなど、小型デバイスの充電をおこなえる。

4時間、直射日光に当てたとして、およそ1200mA分の電力を充電できるという。iPhoneのフルチャージ状態がおよそ1500mAというから、申し分ない発電量だろう。

ElectreeMini2

さらに、「Electree Mini」にはLEDライトの機能もあり、昼間蓄電した電力を使って、夜は色が変化する間接照明として楽しむこともできる。

植物を手本に、持続可能なクリーンエネルギーを活用

自然界において、植物は光合成をおこなう細胞を葉部分に宿し、非常に効率的でコンパクトな光電池構造を実現している。この永きにわたる生命の営みに Muller氏は着目した。現代のモバイルデバイス普及の時代にも、この植物の機構のような、無駄がなく効果的なエネルギー確保の仕組みを生かせるのではと考え、開発を思いついたという。

コンセントは不要、持続可能なクリーンエネルギーを活用しつつ、しかも見た目もちょっとオシャレなオブジェのような、まったく新しい盆栽。自宅に導入してみてもよいかもしれない。

Electree Mini

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。