ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ステイサム兄貴が新年早々大暴れ! 来年1月公開『WILD CARD/ワイルドカード』でラスベガスの裏社会を生きる“凄腕用心棒”に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


スタイリッシュかつハードなアクションで世界を魅了し、今やハリウッドのトップに君臨するアクションスター、ジェイソン・ステイサム。全米公開を12月7日に控える主演最新作『WILD CARD』が、日本公開タイトル『WILD CARD/ワイルドカード』として2015年1月31日(土)より全国ロードショーされることが決定。本日、ステイサム兄貴がドンと構えてこちらを睨(にら)みつけるクールなポスタービジュアルが公開されました。

ステイサムが今回新たに挑むのは、ラスベガスの裏社会に渦巻く暴力から、腕っ節ひとつで依頼人を守る“凄腕用心棒”。ポスタービジュアルに写る、黒いジャケットに身を包み、背後にハイセンスなクラシックカーを従える彼の姿は、自身の代表作『トランスポーター』を想起させます。気になるキャッチコピー“最強の「切り札」”とは、今回の役柄を暗示しているのでしょうか?

監督はステイサムとコンビを組み『メカニック』『エクスペンダブルズ2』をメガヒットに導いたサイモン・ウエスト。原作・脚本は『明日に向って撃て!』『大統領の陰謀』で2度のアカデミー賞脚本賞に輝いた巨匠ウィリアム・ゴールドマン。プロデューサーには、『トランスポーター』シリーズのスティーヴン・チャスマン、アクション監督には『トランスポーター』『レッドクリフ』のコリー・ユンという前代未聞の超一流スタッフが集結。これも、シルベスタ―・スタローンがホレ込むほどの人望を持つステイサムの人柄があってのことでしょう。

『エクスペンダブルズ』シリーズで楽しそうにチームへ溶け込む姿も良いですが、近年の『PARKER/パーカー』、『ハミングバード』、『バトルフロント』のように、「狙われる一匹オオカミ、……だが強い!」というキャラクターはやっぱりステイサム兄貴にぴったりですね。凄腕用心棒として大暴れする姿に、今から期待が高まります。

<ストーリー>
ラスベガスの裏社会で用心棒を生業とする元エリート兵士のニック(ジェイソン・ステイサム)。ある日、何者かに酷い暴行を受け瀕死(ひんし)の重傷を負った元恋人から、正体を突き止めて復讐(ふくしゅう)してほしいとの依頼が舞い込む。ラスベガスの表も裏社会も熟知しているニックは、すぐさま犯人を見つけ出し、瞬く間に依頼を完遂させる。しかし、犯人の背後には、強大な権力でラスベガスを掌握する凶悪マフィアの存在が……窮地に追い込まれたニックの命を懸けた戦いが今始まる―!

(c) 2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP