ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイムラプス映像の撮影にピッタリ!手ブレ失敗なしのスマホスタンド

DATE:
  • ガジェット通信を≫
MOS-Kick2

最近、「タイムラプス」という言葉を耳にしないだろうか。一定間隔をあけて撮影した静止画像を、アニメのコマ割りのようにしてつなげ、高速再生させることで、動画のような演出をする技法だ。いわゆる元から動画として撮影した映像とも異なる、独特のニュアンスが魅力である。

そんなタイムラプス画像を撮影したいと思ったあなた。スマートフォンのカメラをじっと動かずに構え、腕が震えないように耐える自信はあるだろうか。もしなさそうなら……「MOS Kick」という撮影スタンドはいかがだろう。

丈夫で持ち運びしやすいスマホスタンド

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中の「MOS Kick」。アルミニウムのような手触りの、機械加工された金属の本体はとても丈夫で、手のひらに乗るサイズなため、持ち運びもしやすい。

MOS-Kick

上向き、下向きに10度、微妙なアングル調整が可能

本体部分にはスクリューで留めるタイプのホルダーがあり、スマートフォンをセットして調節固定できるようになっている。固定したスマートフォンの角度は、上向き、あるいは下向きに10度、アングルを微調整できる。このおかげで、美しい星空や流れゆく雲の映像、地面を歩く小さな虫の映像なども、ラクラク映すことが可能になっている。

「MOS Kick」はiPhone 6を想定して開発されているが、他のさまざまなスマートフォンでも使用できそうだ。また、「MOS Kick」はスマートフォンなどのスタンドとしてだけでなく、栓抜きとしても使えるほか、バッグなどにくっつけて持ち歩くのに便利なカラビナや、三脚に固定するのにちょうどよいホールがあけられているなど、ユーザー目線の配慮がされている。

今ならキャンペーンに参加することで、25ドルで事前予約が可能だ。今流行りのタイムラプスの美しい映像を、あなた自身の手で撮影して楽しんでみては。

MOS Kick

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。