ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宅配便で得する20cmの法則

DATE:
  • ガジェット通信を≫

荷物を配送するときに、用意するダンボールのサイズを気にしたことはあるだろうか? 大手配送会社を利用する場合、送料は配送先とサイズで決まるのが一般的。サイズは縦・横・高さの合計をもとに60cm、80cm、100cmと20cm刻みで規定されている。つまり、合計の長さが1cmでもオーバーした場合は、(大目に見てくれる担当者もいるけど)次のサイズで送料が算出されてしまうのだ。

【動画や画像を見る】

そこで今回は、そんな端数をカットする「ダンボールの縮め方」を紹介しよう。数センチの差で送料が変わる、20cmの法則。覚えておくとちょっぴりお得かも。
(R25編集部)

宅配便で得する20cmの法則はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

冷めたピザはフライパンで焼こう!
ポップコーンを全粒ポップさせたい!
スマホ×空き箱でプロジェクター
新聞・雑誌をギュッと縛る裏技
トイレ紙を和紙に変える裏技

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP