ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会社員3割「発熱38度」でも出社

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冷え込みが増すこの時期になると、体調を崩す人が職場でも増えてくる。社会人たるもの体調管理も仕事のうちだが、そもそも世のサラリーマンたちは、年に何回くらい風邪を引くのだろうか?

【画像や図表を見る】

20~30代の会社員男女226人(男性112人、女性114人)にアンケート調査を行い、フリーアンサーで「何カ月に1回風邪を引くのか?」を聞いたところ、平均「8.7カ月に1回」という結果に(協力:ファストアスク)。また、その結果をまとめると以下のようになった。

・3カ月に1回以上 32.7%
・4~6カ月に1回 27.4%
・7~12カ月に1回 24.2%
・12カ月に1回未満 15.7%

約6割が「半年に1回以上」は風邪を引いているわけだが、ちょっとくらいの体調不良では会社を休みにくいのがつらいところ。皆さんはどれくらい体調が悪いと「今日は会社を休もう」と決めるのか?

□どの程度、熱が出ていたら休みますか?
・39度未満なら休まない 19.0%
・38.5度未満なら休まない 10.6%
・38度未満なら休まない 42.0%
・37.5度未満なら休まない 15.0%
・37度未満なら休まない 5.0%
・37.0度未満でも体調が悪ければ休む 8.4%

□どんな自覚症状があったら会社を休みますか?(複数回答)
1位 ひどい頭痛がした時 51.3%
2位 ひどく疲れていたら 35.4%
3位 風邪をひいて咳こんでいる時 29.2%
4位 ひどい二日酔いの時 18.1%
5位 風邪をひいて鼻水がとまらない時 17.3%

上記の結果を考えると、「38度未満の熱」や「風邪の咳」くらいでは会社を休まないという人が7割以上いることになる。

「そんなに無理をしなくても…」と思ってしまうが、「その日にどうしても処理しないといけない仕事があり、上司に相談のうえでその処理だけして帰った」(35歳・男性)、「朝から節々が痛くて歩くのも大変だったが、育児休暇から復帰したばかりだったので無理して働いた」(34歳・女性)、「インフルエンザで発熱していたが、人員不足のためマスクをして出社した」(33歳・男性)など、仕事の都合上どうしても急には休めない…というケースが多いよう。

なかには「インフルエンザにかかったが、管理職で代理できる人間がいなかったため出社した。不思議と熱が下がるものである」(33歳・男性)なんて証言も…。

とはいえ、職場の人たちに風邪やインフルエンザをうつす恐れがある時の出社はNG。特にインフルエンザの場合は「出社停止」が求められるケースもあるので、医師の診断には従おう。体調不良をおして出社しなければいけない状況に陥らないよう、ふだんから健康管理には気をつけたいものだ。

(有栖川匠)
(R25編集部)

会社員3割「発熱38度」でも出社はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

休めないビジネスマンの病欠回避術
「ゆとり社員」レッテルの剥がし方
体へのダメージが大きい空気の汚れ
「免疫力」って何のことなの?
会社を休むときのウソ、バレてる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。