ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾の大人気絶品グルメ「麺線」の専門店に行こう!東京・新橋の「台湾麺線」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IMG_5567
精神的にも物理的にも、もしかしたらもっとも日本に近いかもしれない国や地域の1つとも言える台湾。

かつて、台湾が日本の一部だった時代には、後藤新平が近代的な上下水道を完成させ、八田與一(はった よいち)が烏山頭ダム(うさんとうダム)と用水路を建設するなど、目覚ましい発達を後押ししていた経緯があります。

また、現在でも残っている「拓殖大学」は、かつての台湾の開拓するための人材を育成する教育機関として開校した大学で、数多くのエリートが海を渡り当時の台湾の発展に寄与してきました。

そんな日本に最も近いといえる台湾ですが、もしかしたら台湾の事に詳しくない方は「麺線(めんせん)」というと、どんな料理か想像がつかないかもしれません。

麺線とは、ソーメンを蒸した細い麺を温かいとろみがあるカツオダシが効いたスープで煮込んだファストフードの1つ。

台湾にはたくさんの麺線を販売する店舗や屋台があり、場所によって様々な味付けや具があるほど台湾では一般的で人気のあるメニューですが、日本では不思議とあまり知られていません。

そんな台湾の大人気メニューを味わえるお店が新橋にあります。そのお店の名前はそのものズバリの「台湾麺線」。

こちらのお店は麺線が大好きでたまらないオーナーが自ら台湾におもむき、様々な食材を調達して開店にこぎ着けたという、情熱あふれるお店。店内やメニューにそのほとばしる情熱を様々に感じる事ができます。

肝心の麺線のお味ですが、非常に美味。日本人が慣れ親しんでいるカツオの風味が効いたトロミのあるスープに、現地で独自に仕入れた麺線、そして少し甘めのモツ煮が非常に良く合います。
IMG_5514

少し黒酢がかかっているせいか、トロミでありながら黒酢独特の酸味が効いているため、さっぱりとあっさりと味わう事が出来ます。

もちろん「辛み」も加える事が出来るので、サッパリしながらもピリっと辛い本当の本場の麺線を頂く事が出来ます。こちらの辛い調味料も台湾から輸入した物だそうです。
IMG_5523

その他のメインメニューも充実しています。台湾のガッツリ系ファストフードの「魯肉飯(ルーロファン)」はトロットロの半熟煮卵がトッピングされて、最高の味わい。

こちらに使われている高菜も台湾から輸入した食材だそうで、すべてが本場台湾の食材にこだわっている事に感動すら覚えます。
IMG_5521

夜限定のメニューも充実しているため、台湾屋台風のおつまみで一杯、という方には非常にオススメのお店です。いくつかおつまみメニューを紹介します。

イカ団子はアッツアツでホックホクなので、食べる時に注意が必要です。プリップリでホックホクのイカ団子はジューシーでイカのウマミが広がる、台湾ビールに最適な逸品でした。
IMG_5528

レタスのおひたしは台湾の味わい深いオイスターソースがかかっており、箸休めとしても最適。
IMG_5538

トマトにも工夫が加えられています。「梅粉(メイフン)」というものだそうで、甘くて梅の香りがする調味料とのこと。

台湾ではよくフルーツにかけて食べるそうで、不思議な組み合わせですが、不思議と美味しくトマトを味わうことができます。
IMG_5551

「銀糸巻(イン・スー・チュン)」という揚げパンのような、ほんのり甘いパンもとても美味しいです。練乳やピーナッツを砕いた粉をつけて食べたり、コショウをつけて食べると最高のオツマミとなります。

外側は香ばしく、中は太い麺を束ねたようなパンになっていますが、フカフカでやさしい甘さの揚げパンは他の料理ともよく合います。
IMG_5554

他にもエビワンタンやピータン豆腐など、さまざまな台湾のサイドメニューが充実していました。

これほどまでに本場の味を楽しめる場所だからでしょうか、お客さんの中には台湾ご出身の方もいるようでした。今後、日本と台湾とが交流できる場所の1つとしても、ますます楽しくなりそうな場所でした。

オーナーの熱意が作り上げた本物の台湾料理の数々、是非体験してみてはいかがでしょうか?心も体も温まる、そんな味わいにヤミツキになってしまうかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 台湾麺線(たいわんめんせん)
住所 東京都港区新橋5−22−2 ル・グラシエルビル1F
営業時間  11:00〜14:00/18:00〜21:00
定休日 土・日・祝日

IMG_5498

IMG_5501

IMG_5502

IMG_5561

IMG_5540

IMG_5543

IMG_5531

IMG_5504

IMG_5506

カテゴリー : エンタメ タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。