ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずかな期間しか入荷しない絶品なる「青首鴨の焼き鳥」を食べる / 鳥福

DATE:
  • ガジェット通信を≫

青首鴨の焼き鳥
600円(予価)

鴨の狩猟期間は、毎年11月15日から翌年2月15日まで。その期間だけ狩ることが許されている鴨だが、なかでも貴重で美味しいといわれている青首鴨。その焼き鳥が食べられる焼き鳥屋が『鳥福』だ。

ここは、貴重な比内鶏の焼き鳥を食べられる、数少ない焼き鳥屋としても知られている。店主に妥協はなく、最高の食材を最高の調理法とスキルで客に出している。そんな店主が青首鴨を調理するのだから、ただでさえ美味い青首鴨が「ワンランク上の味」になるのは間違いない。

店主によると、青首鴨はバラさずにそのまま一羽の状態で入荷するという。それを串に刺し、ネギと一緒に炭火で焼くのだ。

タレをたっぷりとつけた青首鴨から、醤油ダレの香ばしさが漂ってくる。

その味、まさに「繊細」という言葉がピッタリの旨味。鴨がもつ独特な臭さがいっさいなく、鴨の「旨味の長所」だけが残してあるかのような味。

その身は柔らかく、脂と身の隙間からあふれ出る肉汁がたまらない。

2月15日に狩猟期間が終わるので、2月20日くらいまでは入荷するという。しかし網で猟をしているため、毎日入荷するとは限らない。

そんなときは青首鴨をあきらめて、他の美味しい焼き鳥を堪能しよう。

店名: 鳥福
住所: 東京都渋谷区渋谷1-25-10
営業: 16:30~21:00 土16:30~20:00
休日: 日曜

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP