ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エイベックス、映像配信サービス向けにアニメ作品を供給する新会社を設立

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エイベックス、映像配信サービス向けにアニメ作品を供給する新会社を設立

エイベックス・ピクチャーズ(以下「API」)と講談社、集英社及び小学館の共同出資によって、映像配信サービス向けのアニメ作品の供給を行う新会社「アニメタイムズ社」が、来年1月に設立されることが発表された。

アニメに対するユーザーの楽しみ方がデジタル技術の進化によって変わりつつあり、従来のテレビやDVD等のパッケージを中心とした楽しみ方に加え、デジタル配信による楽しみ方が拡大している環境下で、映像配信サービス向けにアニメ作品の供給を行う会社を設立することで、いつでもどこでも観たいアニメを楽しめる環境づくりに寄与し、アニメ市場の活性化を目指す。

新会社では、エイベックスグループが運営する日本最大の映像配信サービス「dビデオ」や「UULA」向けのアニメ作品調達窓口を一本化するとともに、多くの有力なアニメ原作作品を有する講談社、集英社及び小学館を中心とした作品力を活用し、グループ内外の映像配信サービスへの全方位的なアニメ作品の供給を行っていく。

新会社の概要(予定)
会社名:株式会社アニメタイムズ社
所在地:東京都港区六本木1-6-1
代表者:代表取締役社長 勝股英夫氏(API 取締役アニメ制作本部長)
主な事業内容:映像配信サービスに対するアニメ作品の供給
資本金:1億円
設立年月日:平成27年1月
決算期:3月31日
株主構成:未定(API、講談社、集英社、小学館、その他の出資者による出資も検討中)

関連リンク

エイベックス・グループ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。