ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Zeppブルーシアター六本木」来年1月オープン、ライブ・エンタテインメント8社が共同運営

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Zeppライブ、パルコ、トリックスターエンターテインメント、クリティブマンプロダクション、ディー・バイ・エル・クリエイション、エンタテインメントプラス、ローソンHMVエンタテイメント、ぴあの8社は、東京都港区六本木で開業する劇場「Zeppブルーシアター六本木」を運営する事業プロジェクトを共同で行うことについて共同事業契約を締結、運営委員会を立ち上げた。

本事業は現在の「六本木ブルーシアター」を2015年1月1日より、新たに「Zeppブルーシアター六本木」として開業し、プロジェクトに参画する8社がそれぞれの得意分野を活かしつつ連携、協力し今までになかった新しいライブ・エンタテインメントの創出を目指すもの。ロングラン公演を中心に8社のレパートリーを含めジャンルにとらわれないコンテンツの企画、制作、招聘等を主催していく。また通常の貸劇場としての営業も行う。

「Zeppブルーシアター六本木」概要
所在地:東京都港区六本木五丁目11番12号(現・六本木ブルーシアター)
建物面積:2138.9㎡
収容人員:901名
共同運営開始日:2015年1月1日

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP