ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rake、初の台湾ライブで台湾映画『KANO』主題歌を中孝介らと大合唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仙台出身・在住のシンガーソングライターRake(レイク)が、台湾(台北市)にあるライブハウス・河岸留言にて自身初となる海外ライブを実施した。

この日のライブは、前日に行われた中華圏での3大映画賞のひとつで「台湾のアカデミー賞」といわれる金馬奨に6部門でノミネートされた台湾映画『KANO〜1931海の向こうの甲子園~』(2015年1月24日公開)に記念して行われた「KANO之夜」と題されたイベントライブ。同映画の主題歌を歌う日台の4アーティスト(Rake、中孝介、スミン。ルオ・メイリン)が集結し、それぞれ熱いパフォーマンスを披露した。

最後には主題歌「風になって~勇者的浪漫~」を4アーティストで熱唱し、会場のオーディエンスと大合唱となり大盛況で幕を閉じた。

台湾映画『KANO〜1931海の向こうの甲子園~』は、日本統治時代の1931年、台湾代表として夏の甲子園に初出場し準優勝した嘉義農林学校(嘉農)野球部の実話が基になっていおり、台湾の漢族や先住民族、日本人が力を合わせ、甲子園出場の夢に向かってまい進する姿を描いた作品。今年2月に台湾で公開され歴史的大ヒットを記録し、日本では来年1月24日に全国公開される。

映画情報
『KANO〜1931海の向こうの甲子園~』
2015年1月24日(土)より新宿バルト9他全国公開
出演:永瀬正敏 大沢たかお 坂井真紀 ほか
主題歌:「風になって~勇者的浪漫~」Rake 中孝介 ファン・イーチェン スミン ルオ・メイリン(EPICレコードジャパン)
製作総指揮:ウェイ・ダーション
監督:マー・ジーシアン
脚本:ウェイ・ダーション チェン・チャウェイ
プロデューサー:ウェイ・ダーション ジミー・ファン
音楽:佐藤直紀
制作会社:果子電影有限公司(ARS Film Production)
配給:ショウゲート

関連リンク

Rake オフィシャルサイト:http://www.rake.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP