ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

耳が痛いけどついつい見ちゃう! つぶやきシローが不摂生に耐える“胃”の嘆きを「今日は胃(い)わせていただきます」と代弁する動画

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


気が付けば、もう年の瀬は間近。忘年会や正月行事、新年会など、楽しいけれどその分“胃”を大切にしなくてはならないシーズンがやってきます。

胃痛や胸やけなど、つらい胃の症状に効果を発揮するエスエス製薬『ガストール』では、「モノ言わぬ臓器である“胃”が、モノを言えたらどうなる?」というアイデアをもとに、胃の本音を擬似的に可視化したウェブ動画を作成。タレントのつぶやきシローさんを声優に迎え、40歳の“主(あるじ)”とその“胃さん”を主人公とした全6話のストーリーを公開しています。


身近にあるモノや動物たちが普段心の内に秘めている想いをつぶやく動画シリーズ『つぶやき隊』を制作するTOブックスの協力のもと、ボヤキを言わせたら右に出る者はいないつぶやきシローさんとの協力タッグが実現した今回のウェブ動画。

キャラクターの“主”は、若い頃からの暴飲暴食、不摂生の影響ですっかり胃が弱くなってきている40歳のサラリーマン。一方の“胃さん”も当然ながら40歳。“主”の不摂生に耐えながらも、不満や嘆きを体内から日々つぶやいています。


第1話「たそがれ編」では、「40年も胃をやってきたら疲れるってそりゃ。なのに誰も俺のこと気にしてくれないんだよね」と、胃ならではのボヤキを吐露する“胃さん”。年齢を重ねるごとに外見を気にする人はいても、胃を気にする人がいないことを切々と説きます。最近の消化の悪さをつぶやきつつ、「疲れるとすぐにスタミナだって肉を食うけど、俺たちには大ダメージだからね。逆に疲れちゃいますよ」という“胃さん”の言葉には、ドキっとしてしまう人も少なくないのでは?


胃へのストレスとなるのは、食事だけではありません。第4話「オフィスで怒られ編」では、“主”が仕事の上司に怒られたことから、その痛みは“胃さん”にも影響。「30分以上も説教をくらってるけど、ほとんど言ってること同じなんだよなぁ」と、“主”の心の声のようなことをつぶやく“胃さん”。「もたれる感じと違って、キリキリする痛み嫌だなぁ。ひたすら愚痴りながら耐えるだけですけどね」と、ここでは“主”ではなく、上司の説教に対するボヤキを連発します。「説教してる方が言葉を噛むと、変な空気になってお互いに笑っちゃうよね?」という“あるあるネタ”は、もしかしたら、つぶやきシローさんのアドリブかもしれません……。


深夜にラーメン屋へ足を運び、“胃さん”に「こんな時間に消化が大変だよ。今夜も徹夜かよー」と嘆かれていた“主”は、その後胃の改善にはあまり意味のないフィットネスへ通いだすも、最終的には食生活を改善し、健康な姿と健康な“胃さん”を取り戻すことになります。“主”と“胃さん”による、全6話の成長物語としても楽しめるこのウェブ動画。最後に“胃さん”が語る、「本来のコンディションを取り戻すための秘訣」は、胃の調子に自信がない人なら必聴です。だって、“胃”本人(?)が証言しているんだもん!

さらに、同時に公開されている特設サイト“つぶやき隊×大人の胃”では、「日本人は胃の不調がおきやすい?」「食後1~2 時間はハードな運動は避けたほうがよい?」など、胃に関するトリビアも紹介。思わず「自分の胃もそんなことをつぶやいているかも?」と考えてしまうウェブ動画とあわせてチェックしつつ、自分自身の胃の声にも耳を傾けてみては?

つぶやき隊×大人の胃 第1話 たそがれ編【エスエス製薬】(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=ZptNH2b64Ns

特設サイト“つぶやき隊×大人の胃”:
http://www.ssp.co.jp/otonanoi/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP