ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の季語「イシダイ」 脂乗った晩秋から冬のほうが美味しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 石物釣りは磯釣りのなかの王道といってよいだろう。石物はイシダイとイシガキダイを指す釣り師言葉で、イシダイは「磯の王者」とも「幻の魚」とも呼ばれ、昔から磯釣り師の究極のターゲットとされてきた。けっして数少ない魚ではないのだが、60センチを超す大型となるとなかなか釣れず、5年通い続けて1匹も釣り上げたことがないというイシダイ師さえいるほど。故に「幻」とされる。

 古くはヒサウオで、ヒサは海中の岩礁のことだから岩魚→石魚→石鯛になったのだろう。メスは7本の横縞を持つが、老成したオスは縞模様が薄れて銀色を帯びギンワサと呼ばれ、口の周辺が黒くなった個体はクチグロと呼ばれる。

 この魚は簡単に釣れてはいけないような雰囲気があり、釣れないのはあたりまえ、半日釣ってアタリがなくても意に介さないのが石物釣りの美学。スパイク付き磯足袋を履いてヘルメットを被り、竹の継ぎ竿を束ねて担ぐ伝統的イシダイ師も少なくない。

 エサにはサザエ、ウニ、トコブシ、オニヤドカリ、カニ、赤貝などを使い、ウニガラや砕いたサザエの殻やカニの脚をコマセに撒く。食い渋りにはクルマエビ、アワビ、イセエビといった豪華なエサを惜しげもなくハリに刺す。

 私自身は本格的な石物釣りは数えるほどしか経験がなく、メジナ釣りの外道にオキアミで釣った62センチが自己記録という残念な釣歴の持ち主である。

 イシダイは夏の季語にもなっているが、実際には脂の乗った晩秋から冬のほうが美味しい。シマダイやサンバソウと呼ばれる縞模様も鮮やかな30センチ前後の若魚は、片面だけ皮を削ぎ取って丸揚げするとじつに豪華な一皿になる。大物一発しか眼中にない本格派のイシダイ師には申し訳ないが、わが家では人気メニューのひとつである。

文■高木道郎(たかぎ・みちろう)1953年生まれ。フリーライターとして、釣り雑誌や単行本などの出版に携わる。北海道から沖縄、海外へも釣行。主な著書に『防波堤釣り入門』(池田書店)、『磯釣りをはじめよう』(山海堂)、『高木道郎のウキフカセ釣り入門』(主婦と生活社)など多数。

※週刊ポスト2014年12月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
温暖化や水質汚染でイシガキダイ、ヒラマサ、アオブダイ毒化
夫が釣りで収穫ゼロ 妻「アナタと結婚するんじゃなかった」
津軽海峡で70kgオーバーのクロマグロをヒットした釣りガール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP