ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

17秒に1人? ちょっと殺りすぎ…… Blu-rayで観られる“殺しの数”がとんでもない名作邦画3選[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『家族ゲーム』『蒲田行進曲』など邦画の名作が続々とBlu-ray化されるなか、“殺しの数”がとんでもない映画もBlu-ray化されていることが発覚……。ということで、Blu-rayで観られる“殺しの数”がとんでもない邦画3選をお届け。

・『丑三つの村』(1983年) Blu-ray:2014年2月4日発売
昭和13年に起きた大量殺人事件、“津山三十人殺し”をもとに映画化された『丑三つの村』。兵士として国のために戦うことを望んでいた青年が、結核と診断されたことで望みを絶たれ、村からもつまはじきにされたことで大量殺戮に走る衝撃作。斧や日本刀、改造ブローニング銃を使い、殺した数はきっちり30人

・『八つ墓村』(1977年) Blu-ray:2014年10月3日発売
おなじく“津山三十人殺し”をモチーフとしている、横溝正史の小説原作の『八つ墓村』。物語の発端で村に逃れてきた落ち武者を村人たちが裏切り、まず殺されるのが8人。のちにこの時の首謀者が“八つ墓村のたたり”で突然狂って村人を殺した挙句、自らの首をはねて1人。そして見どころとなるのは、懐中電灯2本を頭にさし、日本中と猟銃を手にした多治見要蔵による大殺戮。映画全編で総勢31人が殺されている

・『人魚伝説』(1984年) Blu-ray:2014年11月5日発売
ファンタジー映画のようなタイトルながら内容は、夫を殺された海女の主人公が復讐の鬼と化す物語。殺害方法は海女らしくモリ一突きでの刺殺。ウ、ウニじゃないんだから。罪なき夫の無念を晴らすべく、殺しに殺して38人! 後半の殺戮シーンでは約10分間で35人が殺されており、計算すると約17秒に1人が死んでいるという壮絶さ。手際がいいというかなんというか……。

3作あわせてなんと99人もの人々が犠牲に。人間が狂気に走り、大量殺戮に至る凄絶な物語たち。公開から30年以上もの月日が経とうとも色褪せず、観る者に衝撃を与え続けるパワフルな作品群を是非Blu-rayでご覧あれ。


(C)1977 松竹株式会社

(C)1983 松竹株式会社

(C)1984 ディレクターズカンパニー/ATG

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP