ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日米通算182勝 石井一久氏の案外したたかな一面が描かれる書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ゆるキャラのすすめ。』石井一久/幻冬舎/1300円+税

 現在『すぽると!』(フジテレビ系)の解説者やレポーターとして活躍中の著者が、自身の哲学と人生観を淡々と述べる書。タイトルにもなっている「ゆるキャラ」は、石井氏のそのほんわかした雰囲気と捉えどころのないゆるさを表す。

 だからといって、侮ってはいけない。石井氏は日米通算182勝をあげた名投手であり、ゆるくしていることも戦略の一つなのである。曰く「人間が本来持っている『サボりたい』『休みたい』という気持ちを無理に抑えつけることはないのだと思う」とあり、身体がしんどい時は「もう無理です」と言うべきだと説く。

 本書では、石井氏のこうしたゆるい生き方だからこそ無駄に頑張らず、結果的に成功する生き方が綴られている。ただし、騙されてはいけないのは、昨年発売された石井氏の元同僚・宮本慎也氏の『歩』にも共通するのだが、「自分は一流ではないが……」といった雰囲気を常に醸し出す点である。「確かにイチローでもなければ、王貞治でもないからな」と思いつつも、冷静になるとプロ野球で長きに渡って第一線で活躍してきた人物である。一流であるに決まっているではないか!

 だからこそ石井氏の醸し出す「ゆるさ」に騙されてはいけない。書籍の中にもあったが、石井氏がこれまでに買った自動車や家は、売りに出す時、ほとんど同じ価格か購入時よりも高く売れているというのだ! ぼんやりしているように見せて、実はしっかりしている……。「ゆるキャラ」に見せておいて中身はしたたか――そんな生き方を学ばせてくれる。

 最後に石井氏からもらったコメントを。

「何を考えるかわからないヤツ、とまわりに思われてるのはラクですよ」

「編集の方は『石井さん独特のマイルールや物事の見方は、ストレスフリーな生き方のヒントに溢れていて、ユニークな自己啓発書としても読み解ける』なんて言ってましたけど、自分ではよくわかりません」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
経済効果170億円も ゆるキャラがますます働かされる時代到来
「ご当地キャラ総選挙」 “ゆるキャラ”の名称使わぬ理由
全国から集まる“ゆるキャラ葬”で弔われたいとみうらじゅん氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP