ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松田聖子に嫌悪感をあらわにする親族も存在 緊迫の義父葬儀

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京都心から車で2時間、利根川が南北に縦断する群馬県渋川市のその一戸建てには、「喪中」を示す白い半紙が玄関に貼られていた。この家は、松田聖子(52才)の夫で、慶應大学医学部准教授・A氏(52才)の実家だった。

 11月12日の早朝、A氏の父親が、散歩途中に倒れ、そのまま亡くなった。聖子にとって舅となるA氏の父親は、地元の渋川市では名の知れた獣医で、東京にも広大な土地を持つ名士の一族とあって、17日に行われた通夜には、多くの参列者が集まった。

「Aさんと一緒に、聖子さんも親族席に座られていました。涙をこらえるようにして、参列者全員に深く頭を下げているのが印象的でした…。聖子さんのお母さんも参列されていました」(参列者のひとり)

 翌18日の告別式でも、聖子のこんな姿が目撃されている。

「参列者への会葬御礼は、聖子さんが渡していました。葬儀後のお清め膳でも、聖子さんが全員にお酌をして回って…。Aさんは長男ですから、その妻として、一生懸命に夫を支えていましたよ」(別の参列者)

 だが、斎場の親族の中には、そんな彼女を複雑な想いで見つめている人がいたという。A氏の知人がこう語る。

「2012年6月に結婚したふたりですが、これは、聖子さんの猛アタックによる略奪婚だったんです。もともと、Aさんには妻と2人の子供がいたんですが、聖子さんとの交際がきっかけで、2010年5月に離婚していますからね。Aさんの親族の中には、妻と子供を捨てた彼に対し“一族の恥”と吐き捨てる人もいるほどです。

 そんな親族にとって、彼以上に複雑な思いを抱く存在が、妻子持ちであることを知った上でAさんにアプローチをかけた聖子さんなんです。今回の葬儀に関しても、嫌悪感をあらわにする親族もいたといいます」

 緊迫した斎場の中、針のむしろのような空気に、聖子はじっと耐えていたのだろうか。彼女にとって、この義父は、なにがあっても最後を見届けたいと思うほど、特別な存在だった。

「多くの親族が結婚に反対するなか、Aさんのお父さんは、“息子が選んだ相手ならいいじゃないか”って、快く迎え入れてくれたそうなんです。そんなお義父さんに聖子さんはずっと感謝していて、毎年お歳暮を贈ったり、ご両親をコンサートに招待することもあったといいます。

 今年の9月にも、Aさんと一緒に旅行したハワイで、ご両親も合流して、4人で食事をしたそうです」(聖子の知人)

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松田聖子“元カレ”整体師とビジネスパートナー関係継続報道
香典の相場 恩師は1万円、喪主や遺族が友人なら5千~1万円
松田聖子困惑 長年のファンが聖子の名前を使って詐欺行為か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP