ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

予約客1万人の霊視喫茶店マスター 頑なにお金を取らない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ついに予約客が1万人(!)を超えた、“ムロケン”こと喫茶店のスピリチュアルマスター・室井健助さんの霊視相談。

 そもそもムロケンが霊視するようになったのは、10年ほど前、49才の若さで亡くなった父が現れ、「お前に霊能力を授けるから、それを役立てなさい」と言われたことがきっかけだった。さらには何者かわからぬ者の「手を視なさい」という声もたびたび聞こえるようになったことから。ムロケンが語る。

「幼少期から周りの人には視えないものが視えていたので、いよいよその時期なのかなあとは思ってはいたんです。そんなある日、女性客に霊視したことをぽろっと話したら『今度お友達を連れてきていい?』となって、鑑定することになったんです」(ムロケン 以下「」内同)

 鑑定を始めるにあたり、まず胸を去来したのは、8人きょうだいを女手ひとつで育ててくれた母の言葉、「人にはよくしろ、欲はかくな」というもの。

「つまり、無料で丁寧に霊視をすることだなって行きついたんです。それから、食事をしたかたへのサービスで、希望者には霊視を行うことにしました。無料だから当たらないなんて言わせません。全国から来てくださったお客さんに申し訳ないですから」

 経営的にしんどい時もあったそうだが、頑なに鑑定料は受け取らない。

「お金にとらわれると、霊視能力も濁ってくるんですよ。妻も息子も『絶対お金を取っちゃだめだよ』って言ってくれるんです。よくできた家族でしょ?(笑い)」

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スピリチュアルマスター今年のブレーク 本人が予言していた
霊視喫茶店マスター 金井克子に紅白出場もありえるとお墨付き
霊視喫茶店マスター カイヤと30代ギニア人彼氏との結婚視る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP